2017年01月18日

社会化の場としてのリードワーク・ワークショップ

こんばんは。寒い日が続いて、体調など崩している方も多いのかな?お大事になさって下さいね。

私は、先週から今週にかけては結構ハードな日々を送っておりまして、身近な人のお葬式があったり、壁に顔面ぶつけたり、^^;ルビーの体調が崩れたり、車のバッテリーが上がっちゃったりで、ほとんど打ちのめされっぱなしで過ぎた1週間でした。^^;

それでも、一昨日は青木愛弓先生の応用行動分析学の講座で新たな学びのスイッチ押して頂き、今日はチャーリードッグスクールのリードワークWSに参加してきて、やっと調子が戻ってきた感じがしています。(気のせいじゃありませんように。^^;)

170118_01.jpg

写真は今日のリードワークWSのものです。

ワンコさんの身体も、リードを持つ自分の身体も傷めないリードワークを学ぶ・・んですけど、そのリードワークだけを学ぶわけではない、ワンコさんとの向き合い方全般について学べるリードワークWSだなと感じています。

集う人はみんな犬達を生きやすさに導きたいと思っている人達ばかりだから、彼らを安心させる穏やかな空気が流れているし、どうしてあげたら落ち着きに導けるのかを学べるし、その上犬達を怯えさせる罰や叱りはなくて、正解を伝える為のご褒美(褒め言葉や彼らが喜ぶもの)がポンポン出せるように努力しています。
だからこのワークショップの場は、ちょっと苦手な事があってもそれを上回る良いものが降りそそぐ、社会化の場にもなってるんだなあって感じています。

リードワークといっても、ワンコさんの首に強い衝撃を与えるリードショックなどでは勿論なくて、外から見ているだけでは何をしているのかわからないほどの繊細な技術(だからこそ、犬達にとっても人にとっても心地よいのかもしれません)なので、難しいけれどなんとかマスターしたいと思っています。ワンコさんの首や気管を痛める可能性の高いリードショックなしでも、こんな風に落ち着けるんだってことを、沢山の方に知って欲しいです。その為にも私自身の技術も向上させたいなあ。。。幸せワンコさん&飼い主さんが増えることを願いつつ私もがんばりたいと思います!



応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 22:44| Comment(0) | セミナー・講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: