2017年02月08日

さいたまお散歩トレーニングに参加しました♪

こんばんは♪
めちゃくちゃ風の強かった昨日と打って変わって今日は陽射しが暖かい一日になりましたね。

今日はハク母さん(ドッグスクール・モフモフさん)による「さいたまお散歩トレーニング」にルビーと参加してきました。
埼玉県内外から集まったお仲間さん達♪今日は私とルビーを入れて6組の参加でした。いつもご一緒頂きましてありがとうございます。

いつもの様に自己紹介をして、距離をとりながらみんなで歩きました。

170208_01.jpg
こんな風に、ワンコさんそれぞれのパーソナルスペースを侵害しないように、距離をとりながら歩きます。スペースを侵害しなければ飛びかかったり吠えたりも防げますし、ワンコさん達もリラックスしてシグナルを出しあってお互いの確認ができますもんね♪
間違って近づいてしまってガウガウし始めたら、飼い主さんが穏やかに自分のワンコさんを止めて離すように努力します。

170208_02.jpg
富士山も綺麗でした♪見えますか?^^

水辺が近いと思いのほか風が強く感じたので、風がない場所までそのままゆったり歩きました。

広場では、おやつの上げ方のお話しと、もうひとつ。
インストラクターのハク母さんは、チャーリードッグスクールのインストラクター認定をお持ちなので、CDSの”名前を呼んでおやつ”という取り組みをそのまま大切にされています。
私もずっとこれを意識してルビーと暮らしてきているので、今日はそのデモを久しぶりにルビーとふたりでやらせて頂きました。

ルビーとの久々のデモでしたが、ポカポカ暖かい陽射しと同じく温かいお仲間さんの眼差しが降り注ぐ中でデモをやらせて頂いて、なんだかとっても嬉しいひとときになりました。

自分の犬と一緒にみんなの前で何かをやるということは、出来る出来ないにかかわらず(そもそもこの取り組み自体がそこに重点を置いたものではないので)素晴らしいことなんですよね。
と、もう何年も前に初めてデモに挑戦しようと思ったかつての未熟な自分に心の中で語りかけた瞬間でした。(今も未熟ですけど。^^;)
そしてこれを若い頃からやってきていると、シニアになった時、これをやること自体が元気の素みたいになるんだなっていうのが、いざシニアになてきたルビーと一緒にデモをやらせて頂いた私が思う事です。
過ごした時間、やってきたことは無駄にはならないんだなって思いますね。そしてその取り組みは自分と自分のワンコさんだけじゃなくて周りで見ているお仲間さんも支えてくれているんですよね。

そして今日はシニア仲間^^;ボン君も面白いデモしてくれて、シニア大活躍でしたね。^^;

170208_03.jpg

今日は、この”名前を呼んでおやつ”の変形バージョンのお話しもあって、なるほどな〜〜と、とっても濃い時間を過ごさせて頂きました。今日のお話しと関連しそうな先生のブログをリンクさせて頂きますね。


”触れられて落ち着ける”って大切だなって、ちょっと病院が嫌いになりつつあるルビーにも最近感じていることです。丁寧に取り組み続けたいです。

170208_05.jpg

その後は広場で質問したり、自分のワンコさんにおやつあげたりしつつまったりした空気を存分に味わいました♪
太陽がポカポカ暖かくて心地良くて気づくとあっという間に終わりの時間が近づいてましたね。

170208_04.jpg

帰り道、梅も綺麗に咲いていました♪
ルビー、またひとつ暖かい思い出のページができたね。

170208_06.jpg

ハク母さん、今日も素晴らしい時間をありがとうございました!ご一緒したみなさまも、楽しいひと時をありがとうございました♪
またどうぞよろしくお願い致します♪


応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 19:19| Comment(0) | お散歩トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: