2017年04月05日

犬のことば

こんにちは。(こんばんは、かな?^^;)

こちら埼玉、昨日あたりから桜が一気に咲きだしました。昨日の予想最高気温は18℃だったかな?今日は21℃。暑いです。^^;身体がついてきませんね。ワンコさんもニャンコさんも飼い主さんもどうぞご自愛ください。

170405_01.jpg
近所の桜。意外にもまだ7分咲きといったところ。

最近のルビー、買物から帰ってくると玄関の鏡の前や、玄関の手前の引き戸のところで部屋の方向いてじーっと立っていることがあります。耳が遠くなってドアの開閉の音が聞こえないので、私が入って行っても気づかずそうしているのがわかるのですが、これきっと、眠りから覚めて部屋の中ウロウロしてたまたま玄関にいた時に私が帰ってきた、という経験からそうなってるんだろうなあと推測しています。

170405_02.jpg

穏やかに年を重ねつつあるルビーですが、時々書いているのでご存知の方も多いとおもいますが、迎えた当初(多分3歳くらい?)は留守番中何時間でも吠えていて悩んだ時期もありました。留守番中に吠えるというと、分離不安なのでは?と思いがちですが、もしかすると彼女の場合は違ったのかもなあと思うふしもあってですね、
もしかすると
「ここから出して〜〜!」
ということだった可能性も・・・と。^^;(未だにどちらだったのかは分からずなのです。)

預かりさんのお宅ではケージでお留守番だった、ということで同じようにしたつもりだったのですが、その状況が私の元では安心できるものではなかったのでしょうね。ちなみに今はケージでのお留守番してないです。

そしてふと、もしその時の動画があったら様子を振り返る事ができたのになあと今さらながら思う事があります。
吠えてる彼女の様子を見れば、不安から吠えてるのか、何かうったえて吠えているのか、わかったかもしれないなあと。わかったらもっと早く対応してあげられたかなあと。

犬のボディランゲージ、分りやすいものから繊細すぎてわかりにくいものまで色々ありますね。
ということで、時々出てくるこちらの本がお勧めです。


絵ではなく沢山の写真に細やかな説明付きでとても参考になる本です。

耳の傾きや頭の位置、体のこわばり口角がゆるんでいるかどうかなどなど、繊細なボディランゲージに気づけるようになると、無理をさせないで済んだり、突進や吠えが出る前の動きをマークしたりして(褒めてあげることで)距離をとってあげるなどして、突進や吠えを防げたりもしますね。
見慣れないとわからないことも沢山あると思いますし、長年犬と暮らしていても見ようと思わなければ見えないものの様です。いつでもどこでも色んなタイプの犬を観察出来る訳ではないので、家で写真で見慣れるというのもひとつの手段かなと感謝しながら、私もまだまだ勉強中です。


応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 18:19| Comment(0) | 叱らない・罰を与えない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: