2017年04月14日

知るとは自分が変わること

こんばんは。今日はこんな時間の更新です。

170414_01.jpg
最近なぜかこのスタイルで膝の上にいるチニタです。^^;

養老孟司さんの「手入れという思想」という本の中に、
『知る』=『情報を得る』という意識が強いと思うけれども実はそういうことではなくて、『情報を得たことによって自分が変わる』ということ・・・
というようなことが書いてあって。

確かに私達は日々色んな情報に触れて、テレビやラジオなんてつけっぱなしにしておけば、自分が知りたいかどうかに関わらずどんどん情報が入ってきますが、これって多分この”知る”の中には入らないんだろうなあと。

でも例えば犬が好きだったり、もしくは犬との生活に悩みがあれば、今の自分を満足させてくれたり悩みを解決してくれる情報がどこかにないか探しにいきますね。
そこで出会った情報は、自分にとって都合の良いものもあれば良くないものもあって・・・。
その時自分が感じた何か・・・とか、
何を感じたのか精査することとか、
すっきりしたかモヤモヤしたかとか、
ではそれがどうしてそういう感情になって湧き上がってくるのかとか・・・

そういうのを考えて次自分はどうするか選択するまでを『知る』っていうのかなと思いました。
犬育て猫育てしていると、そういう局面に度々遭遇しますね。時に痛みを伴って。^^;でもその痛みって、変わる為の鍵なのかも。私は子育てしたことないのでなおさらそう感じるのかな。
この世の中で”命”(自分を含む)を育てているみなさん、一緒に頑張りましょう!



応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 22:21| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: