2017年04月15日

CDSつくばお散歩トレーニング

こんばんは。暖かな一日でしたね!
今日はチャーリードッグスクールの「つくばお散歩トレーニング」に参加してきました。

170415_001.jpg

桜はまだ残っていて、いつもの広場には天国みたいな綺麗な光景が広がっていましたよ。強風に花びらがヒラヒラ舞うのも本当に幻想的でした。

170415_002.jpg

みんなで円になって先生のお話しを聞いている間の犬たちのボディランゲージ・・・みんなに背を向けるように(飼い主さんの方を向いて)座る彼らのボディランゲージは、
「あなた方を尊重します」
を語っていて。

そして、誰かが地面の匂い嗅ぎの仕草を始めれば(カーミングシグナル)他の犬達も一斉にそれをやり出して。

私達が思っているよりも犬達はこの場所で起きていることがわかっている。犬たちなりの能力でわかってる、んですよね。
そしてその能力は実は人間よりも高い部分があって、私達が気づくよりも早く詳細に色んなことがわかるからこそガウガウもするのだろうなあ。

だから私達は犬を学んで、彼らの”距離の概念”を知れば近過ぎたのかな?と考えることができるし、他になにか吠えてしまう刺激があったのかもしれないと考えることができるし(見慣れぬもの、音、リードのテンションや飼い主の働きかけなど)、そしてどちらの場合もその刺激から遠ざかって(なくして)あげればいい訳ですし、さらに鼻を使うゆるゆるな遊び(オヤツを地面にばら撒いてのノーズワークなど)をすればもっと彼らは落ち着くことができるのですよね。

でも中にはこういう場でおやつが食べられない状態の犬もいますよね。そんな子の為にも、普段の生活の中で私達飼い主が彼らにとって飛び切り良いものとなる取り組みをして、いざという時に備えていきます。(私達飼い主自身の取り組みですね。)

そして上記のような同じ認識を持つ仲間の中であれば、距離の侵害も起きにくいですし、また今の状況をお互い伝え合って分りあえるから、安心してこれらの事に取り組むこともできるなと思いました。

170415_03.jpg
ひじきちゃんのデモ

170415_04.jpg
モカ君の"おやつばら撒きノーズワーク"のデモ

170415_05.jpg
モカ君の"おやつばら撒きノーズワーク"中の周りの犬達。
ホントにみんな地面の匂い嗅ぎしてました。

彼らに何かを教えようとする前に、彼らが何を言っているか(ボディランゲージ)を理解することが大切だなと感じると同時に、その理解が実は吠えの解決の手助けになったり、何よりもそれがわかる様になると自分の住む世界が広がったような喜びがありますよね。私ももっと彼らの世界を知りたいなと強く思った散トレでした。もっともっとがんばるぞ〜!

夏目先生、幹事のジャムラ母さん、そして送迎して下さったくう君ご一家、またご一緒したみなさま、今日も素晴らしいなひとときをありがとうございました!



応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 18:52| Comment(0) | お散歩トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: