2017年04月16日

そこはどんな場所ですか

昨日参加させて頂いた「CDSつくばお散歩トレーニング」。
お散歩トレーニングという場が犬達にとって”良いものと”となるように、”良いもの”として条件づけられるように、私達飼い主はふるまう訳ですが、”犬達が気持ち良いように”と思うと自然と叱りや罰的なものがなくなって、お互いを批判したりということもない暖かい場所が出来上がっていきます。

170416_01.jpg

勿論犬が吠えたり突進したりしたら止める努力をしますが、その止め方が罰や叱りだったり犬がびっくりしたり警戒するものではないのですよね。そういうものであったら犬たちだけでなく私達人間もピリピリしてしまって、そういう空気は巡り巡ってまた犬達の警戒を高めるのではないかなと思います。
だからこそ、いつも自分の声(や存在)が犬達の中で”聞いたら(現れたら)興奮レベルが低くなるような”声(存在)であるように、普段の生活の中で取り組みます。私もずっとルビーと取り組んでいます。取り組むと言っても大げさなことではなく、”犬にとって良いもの”と”自分”をいつも一緒に彼らの前に提示する、ということを意識するだけです。大袈裟なことではないけれど、これって言ってみればいつでもどんな時でも穏やかで機嫌の良い存在であることを求められるので、すべきことは派手じゃないけど実行するのは結構難しいことなのかも、と思う事もあります。

でもきっと犬達はがんばってそうしようとしている私達のことをしっかり見てますね。自分を律する私たちのことを。人間のような言語を持っていないからなおさらそういうものに敏感なんじゃないかと感じたりします。
そして彼らは誰の側が落ち着ける場所かわかっていて、そういう人の足元にスーッと寄っていったりしますね。その人の醸し出す空気の中にポコンと^^;入って行くように。落ち着けるということは心地よいことなんだろうなあと思います。

170416_02.jpg

すごいなあと思ったのは、先生が強い犬がするような静かなボディランゲージで吠えてるワンコさんを諌めた時でしょうか。実は強い犬って相手に吠えたり攻撃したりはしなくて、視界にスッと入るだけで相手の興奮レベルを下げることができるのですよね。
そういう方法で犬達に対する人が増えたらきっと、彼らと私達の作り上げる世界は静かで穏やかで、今は色々パニクってる子もそんな必要はないんだ(大騒ぎしなくていいんだ)と感じられる場所が作れるんじゃないかな・・なんて思ったりしています。

もちろん私もまだまだ学びの途中で、でも私と同じようにそういった存在になるべく努力をしている仲間達の集う場所は、いつもリラックスした空気が流れていて、本当に心地よくて。

実は私が条件づけられているのだなと思いました。

あの場所が居心地が良くて、何度でもまたあの空間に身を投じたいと思うほど心地良いものとして条件づけられているのでしょうね。
そういうものを犬達にも用意してあげられたらいいな。
170416_03.jpg
いつかの道満

誰が良い子で誰が悪い子とか、誰が出来て誰が出来ないかとか、評価させることのない場所で、だからこそ逆説的に色んなことが出来るようになっていって。犬達も私達飼い主も、本当に大切なものってなんなのか自分のペースで探して。
犬達だけでなく私達飼い主もノーズワークしてるみたいなものかも、なんて思ったのでした。
犬達(猫達)と暮らしていく中で見えてきそうな大切なもの・・・宝物。みなさんも、そして私も、探し当てられますように!


応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 18:48| Comment(0) | お散歩トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: