2017年04月24日

形だけでない取り組み

こんにちは。良いお天気の埼玉です。
さっきまで夜のカレーに添えるゆで卵を茹でていました。(夕方から出かけるので予約投稿です。)
茹でている最中、ルビーが「何か出てくるのかな!」ってワクワクしながらキッチンにいる私の方を見ているのがわかりました。

170424_01.jpg
ルビー。まるで花畑で眠っているかのよう♪

私が彼女を連れてチャーリードッグスクールのお散歩トレーニングに参加したのは7年前の11月。
自分自身あまり好きとは言えない沢山の人の中に身を投じてでも見つけ出したいものがある、という心境で参加し始めました。

スクールには”名前を読んでおやつ”という古典的条件づけの取り組みがあります。
私なりの理解で説明すると、
【名前という、犬にとってはもともと良い印象でも悪い印象でもないもの(中性刺激)】
と、
【犬にとってもともと良い印象の食べもの(無条件刺激)】をほぼ同時に犬に与える。
そうすると、犬達にとって名前が、無条件刺激と同じ印象のもの(=好き)になる、
という単純な作業です。

単純な作業に見えますが、本当はとても奥が深いです。
これって実は”おやつと名前”だけでなく、日常の中で常に意識しなければならないことだなって理解できたのはいつだったかな。^^;気づいた時は冷汗ものでしたが、本当に気付けて良かったなと思っています。

170424_03.jpg

【犬にとってもともと好きでも嫌いでもないもの】と【自分(飼い主)】って、犬と暮らしていたら常に犬の前に提示されている状態だよね、って気づいたのです。

ということは、私(飼い主)が、常にルビーにとって良いものであれば、周りにあるものがどんどん良いものとして彼女に印象づけられていくし、私が彼女にとって悪いものであれば逆もまたあり、ということで。

それからというもの、イライラして人やもの^^;にあたりたくなる気持ちも抑えるようになったし、ピリピリもどんよりも緊張も、うまくコントロールしなくちゃ、ルビーが見てるから、見てるだけじゃなく感じ取るから、いやいや感じ取るどころか匂いで全てバレバレだよ〜!( ;∀;)って知ってから、緊張の糸が張られそうになればそれを断ち切り、イライラしそうになれば空を仰ぎ大きく息を吸って吐き、常にリラックス、いつもご機嫌を心掛けるようになりました。

だって、機嫌が悪くイライラして引きつった顔している私(=中性刺激ではなく嫌な刺激)からおやつをもらったら、生きものにとってはもともと良い印象のはずのおやつでさえ印象が悪いものになってしまいますもんね。
(これって本当にそうなんですよね。私は自分が食べることにあまり興味を持てないで生きてきてしまった経験上そう思います。)

170424_02.jpg

基礎の取り組みも、深く理解しようとせず形だけ真似していると、自分の意図しないものを犬に印象づけてしまうことがあるかもしれません。だから「あれ?」って思った時には振り返ってみるのが大切、と経験上思ったりします。そして振り返った時、人のせいにしたり方法のせいにしたり、ということも慎まないと、そういう姿勢も全てルビーに伝わるなと感じながらのここまでだったので、犬と暮らすってある意味修行・・・^^;。

でも面白いですね。そんな風に”いつもご機嫌”を意識しながら生きていると、犬達のように切り換えが早くできるようになった自分がいる気がします。

一緒に暮らす犬や猫達。
せっかく生きものと暮らしているのだから、自分だって命を育てる存在として豊かに育ちたい、がんばりたいって思います。


応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 17:00| Comment(0) | 古典的条件づけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: