2017年05月03日

反対の立場で

こんばんは。
今日は昼間に都会に出たので、その足で池袋西武百貨店の屋上庭園を見てきました。睡蓮の時期にまた来たいな♪

170503_01.jpg

昨日の話しの続きなんですけど、もし私が反対の立場だったら・・というのはつまり、私の犬が嫌だといっている他の犬を追いかけ回したりしたらどうするかなって。
私だったらそのままにしておかず、止めに入ります。「それはしない」と伝えなければまずいですもんね。

でも伝える時に、大きな声で脅すように叱ったり叩いたりなどという方法を選択しません。(それは犬に暴力を振るうことを良しとすることをおしえているも同然だと思うし、周りにいる人や犬の心を傷るける可能性があるからです。)でも止めて欲しい行動はやめるまで何度もなんども止める、行かせないようにして、その行動は許可できない、を伝える努力をしたいです。

同時に、日頃から私がその子の身体に触れて動きを制したりしたときに、(犬が嫌だと感じなるのではなく)ハッと我に返る取り組みを丁寧に行います。

暴力を使うのは、それしかやり方を知らないからだとわたしは思う。言い換えれば、私たちに力量があれば、暴力を使う必要は生じないということだ。知識が豊富で社会的能力も十分備わっていれば、犬は私たちに、リーダーとしての役目をやすやすよ託す (p.126)
リーダーシップとは犬が仲間になりたくなる環境を作る能力のことである。(p.128)

上で言うリーダーというものが、「リーダー論」や「支配性理論」という古い説が指すリーダーではないのはおわかり頂けると思います。

暴力ではないもので彼らと豊かに暮らす為の知識や社会的能力・・・。
だから、まずは犬の前に良いものとして自分を提示するところから、と感じます。そして、やっぱりいつでも穏やかで安定していること。犬が”この人の声を聞きたい”と思える様な存在にならなければ彼らを穏やかに制する事もできないと思うので。

170503_02.jpg

本当に強い犬は、相手を攻撃したり吠えまくったりという不安定なところはなくて、興奮している犬の視界にすっと入るだけで相手のいきり立った気持をスッと冷ますことができるのだそうです。私たちが犬たちのやり方を模倣するのもありですよね?それを出来る人を知っているからそれを目指したいし、すぐに出来なくても、まずは自分のワンコとなら体に触れれば我に返れるくらいの存在になりたいと思います。

未熟さゆえの過ぎた行動や、要求吠えやパニック的な吠えも、犬だから吠えるのは仕方がないかもしれないけれど、自分の犬のそういうものは止められるように自分を成長させたいと、私は思っています。



応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 21:05| Comment(0) | 叱らない・罰を与えない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: