2017年05月13日

当りまえの姿

こんばんは。しっとり、というかザーザー雨のさいたまです。^^;
気圧やお天気の影響受けやすいワンコさんニャンコさんや飼い主さん、ご自愛くださいね。

お昼ごろツイッターでつぶやきました。


私は小さい頃から虫が好きだったので、彼らが人間から見て酷いと思える様な習性を持っていても、^^;そんな姿を含めて彼らのことが好きでした。好きなものに会うために、彼らがどこに住んでいるのかなど調べますよね。捕まえたらどうやって持ってあげたらいいのかとかも教えてもらったり。あとは捕まえない方がいい虫とかね。^^;一回捕まえちゃって大変な目にかったことがありました。楽しかったなあ。(え?^^;)
とにかく、自分が好きなものを知ろうとすることはとても幸せな作業ですよね。

170513_01.jpg

私たちが好きで迎えた犬たち。
犬という動物の当たり前の姿を自分が好きかどうか。
自分がして欲しいこと、見てみたい光景をその子に実現してもらおうとしたり、どんな人にもかわいがってもらえる様なその子をつくろうとするのとは逆の視点・・・。
犬という生きものの当たり前の姿を自分が好きかどうか。そしてそんな自分を素直に表現した方が犬達の素晴らしさって他の人に伝わるんじゃないかなと、自問自答しています。
そしてもしそれが誰かに伝わったとしたら、その人もきっと犬の当たり前の姿を好きになってくれる。当り前の姿を好きになってくれる人は犬が心を開ける人だろうから、そういう人が増えれば叱りや脅し体罰や、犬の嫌なことと好きなことを天秤に掛けたような間違った接し方で起こりがちな吠えや咬みの問題は減って行くのではないかなと思っています。人の方が犬に慣れた(とあえて表現してみる)ほうが大きな問題に発展しないよね。、みたいな。逆説的ですけど。
そう、犬がこの人間社会に慣れることも大切だけれど、人間の方も犬に慣れる(その為に犬を知ること)が大切なんじゃないかなって思いませんか。その方がフェアですよね。

170513_02.jpg

しつけの為と犬を虐めるようなことをしたり、小さいうちから主従関係を教えなくちゃと子犬をひっくり返したりマズルを無理やり掴んで犬を怯えさせたりしていたら、彼らのことを可愛い愛しいと思う気持ちをきっと忘れてしまうような気がします。
そうではなく、家族として迎えたその子が、生きものとして何を当たり前として生きてるのか。それを知って落ち着いて接することができるようになったり、そういう部分(動物行動学的な部分)を知ってもなお愛しいと思えるような、そんな学びがみなさんの近くにありますようにと願っています。
私もそういう発信をしていけるようにがんばります!



応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 18:01| Comment(0) | 叱らない・罰を与えない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: