2017年09月09日

それぞれの違い

おはようございます。
こちら埼玉は今日もとっても良いお天気です。ルビーと外をブラブラしてきました。
みなさんはどんな朝を迎えましたか?

170909_01.jpg

ルビーを迎えた日もとても良いお天気でした。秋ではなく夏でしたけど。
里親会の決まりの2週間のトライアルを終え、正真正銘今日から我が家の一員!
と・・・
実は晴れやかな気持ちだけではなかったあの日。

なぜなら、2週間のトライアルの間もルビーの留守番時の吠えに悩まされていたから。
でも私は彼女と暮らしたかったので、きっと時間が経てば不安もなくなるだろうと信じて迎
えました。犬という生きものをもっと知りたかった。
知って、仲良くなりたかった・・・のだなと、振り返って思います。

きっと犬を迎えた人はみんな同じですよね。

吠えや咬みはヒトの世界にはない表現方法だから、私たちはすぐに慌ててしまいます。
ひとしきり慌てて^^;叱ったり途方にくれたり・・・
でもふと”何かが違う”って気づいて、方向転換。
今までと違う情報を求めた先に、犬を知って彼らに優しく接するということの深い学びがあ
りました。

「そうか、自分がイヌの言葉がわからなかったように、
犬達もヒトの言葉はわからないんだよね」

そうすると犬を叱るって、彼らからしたらどういうことだったのかと愕然としたりして。

そんなことさえわからなくなるほど、私たちは混乱し、すぐに慌ててしまいますよね。

犬達がいうことを聞いてくれないとき、
ついヒトは
「犬が人間を馬鹿にしてるからだ。
ヒトを支配しようとしているからだ」
といいがちです。

でも本当にそうなのかなと。

犬と人の表現方法の違いに混乱し、安易に入手した情報に踊らされ怯える人間側が
”支配される”
この言葉に意味を持たせようとしているだけなのかもしれない。
と、軌道修正する前の自分を振り返って思います。

土曜日ですね!
今日も良い日になりますように!



応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 09:16| Comment(0) | 叱らない・罰を与えない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: