2018年01月11日

心の中の安心できる場所

こんにちは。今日もお日様眩しい埼玉です♪

ルビーとのお散歩。
今でこそ近所の公園くらいまでしか行かなくなった彼女ですが、若い頃は最寄駅の一つ先の駅まで一緒に歩いて帰ってきたり、まだ行った事のない場所へ一緒に行ってみたりしてホント色んなところを歩きました。ミニチュアダックスってこんなに歩くのか!^^;ってビックリしたものです。小型犬はお散歩いらないなんてことはハナから信じていなかったけれど、ここまで良く歩くということも知らない私でした。

180111_02.jpg

良く歩くルビーに連れられて町中を歩いた。考えてみればルビーがこの町を私に見せて歩いてくれたようなものだと思ったりします。

最近、彼女と以前歩いた場所をふと車で通りかかったりすると、ほんわか温かい気持ちが湧き上がってきます。
以前抱いた”ここどこ?どこを歩いているんだろう”と言うワクワクする気持ちや、生き生き歩く彼女の姿を見て「嬉しいな。楽しいな」と思う気持ちが蘇ってきて、なんとも言えない幸せな気分になります。
大切な思い出は心の中に安心できる場所をつくってくれます。

ルビーはどうだろう。

私との思い出が彼女のこころに安心できる場所を作ってくれてるだろうか。
私の匂いを嗅いだらそれがフッと彼女を安心の場所に連れて行ってくれるだろうか。

自分がしてきた(している。^^;)あんなことこんなこと。自分を省みるのが辛いときでもこの思いに支えられて学ぶのを辞めずにここまでこられました。だからこれからも、と思っています。


応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 14:03| Comment(0) | 古典的条件づけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: