2018年02月10日

青色のパイロン

おはようございます。
といいながら、実は今日は来客があるので、予約投稿です。夜SNSに投稿したものを貼ってみますね。


ちなみに使用したシミュレーターはこちらです。
https://dog-vision.com/tool.php

ご存知の方も多いと思いますが犬達の視界、人間とかなり違うんですよね。写真だと視野の違いは表現しずらいけれど、色と対象の見え方はどうやらこんな感じらしいです。
犬は近視で、色は黄色と青が良く見えると・・。

犬友さんのワンコが、道路に置いてあったパイロンを見て
「???」
って固まっちゃったとか、警戒して吠えてたとかいう話しを初めて聞いた時はびっくりしました。(ルビーが全くそういうことをしない犬だったので。)
それももし青色のパイロンが点々と並んでいたとしたら、犬達にとっては
「なんじゃありゃ!?」
かもしれませんよね、周りのものよりもよく見えるし、あまりにも不自然に見えるんじゃないかな。

お散歩トレーニングでも、誰かが(犬)吠えた時、先生が吠えた子の視線の先を見て
「これにビックリしたのかもね」
って青い鉄塔とか、青い自動車とかを指摘していたことがありました。


180210_01.jpg
抱っこのルビー♪

そんな時、最初のそのビックリをうまく受け流してあげられたらいいんじゃないかなあ、罰したりせず。普通に考えても、警戒しているのに罰したら恐怖が上乗せされてパニクりますよね。そうしたら次同じような状況の時にもっと激しく吠える事になると思います。

そういう時は
「びっくりしたね、いい子いい子」
ってなだめてあげればいいのではないでしょうか。ビックリしたんだから罰したりして一緒になって吠えるんじゃなくて^^;なだめてあげた方が吠えが早く収まると思うんです。でもこれは日常的に犬を罰してない人が、普段落ち着いている時に彼らに「いい子♪」って言ってあげているからこそ出来る事かなと思います。

上記は犬達にとって世界がどんな風に見えているかという一例でしたが、こんな風に行動学的な知識もあると、罰することが無意味だってわかってとっても便利だな〜と私なんかは思います。

最近犬を罰することも致し方ないというような流れがまた表にでてきているようですけれど、そうじゃないですよね。自分の犬を大切にする為に犬の習性や、私達人間を含む動物の学習の仕方を学べば学ぶほど、罰することでは問題を解決できないということがわかってきます。
自分の犬を大切にしたい方、また日々の犬との暮らしでお悩みの方、一緒に楽しく犬の勉強しませんか? → チャーリー・オンラインドッグスクール


ではではみなさま、今日も素敵な1日をお過ごしくださいね〜!




応援よろしくお願いします♪

posted by カエデ at 08:00| Comment(0) | 犬ってどういう動物なの? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: