2018年05月04日

攻撃的なシグナル

*******************************
青木愛弓先生セミナー「ねこのハズトレってなに?@埼玉」
*******************************


おはようございます。
とっても清々しい朝でした。ルビーと公園散歩行ってきましたよ。

180504_01jpg.jpg

犬を叱るのをやめるということは、彼らに攻撃的なシグナルを送るのをやめる、ということだったんだなと、振り返って思います。

生後4〜5ヶ月くらいまでの子犬は、どんなことをしても大人犬達から許されるという”パピーライセンス”というのを持っていると言われています。
でも、人間の家にポツンと迎えられた子犬達に、私たち人間がしていることは、「イケナイ!」と目を真っ直ぐに見て大声で叱ったり、無理やり抱っこして仰向けにしたり、敏感なマズルをギュッと掴んだりなど、子犬にしてみれば恐ろしいものだったりしないでしょうか。(大人犬にだってしてはいけないことだと私は思います。)
人間が攻撃的であれば犬は自分を守ろうと相手に攻撃的になるのは当り前のこと。

だから叱る代わりに私たちができるのは、人間のことばを持たない犬達にわかるように、穏やなボディランゲージで彼らに対する事、そして毎日優しく名前を呼んでご飯をあげたり、いい子ねって言いながら体に触れたり、リードを優しく扱う努力をしたり(良い事も悪いことも犬達の中に印象づけられるので)して、飼い主である自分から出てくるものは全て良いもの(であるはず!)という約束をし続けること。
そうすれば、何かあった時でもそんな飼い主さんに撫でられたらきっと気持ちが楽になるよね?何かの時にフッと前に立たれたら興奮が収まるよね?ってことなんだなと思います。それに、「すごいね」「かっこいいね」って、いつも(人間から見て当たり前の行動も)ニコニコ声をかけられている犬は、飼い主さんが喜ばない行動はしたくなくなるのではないでしょうか。

この方向性の取り組みのいいところは、飼い主である自分も気持ちがどんどん落ち着いていく、ということです。落ち着いた時、きっと目の前の犬が今までよりもっと愛しくなっていることに気づきます。その時、その子の前でどんな自分でいたいのか、という問いが改めて湧き上がってくるのですよね。
他の動物に比べ大脳皮質の発達した”ヒト”である私たちも(だからこそ)、イヌから学べることは沢山あるはずと思っています。


 
 
**************************
「埼玉県動物指導センター見学会」に参加しませんか?
5月31日(木) 10:30〜(1時間程度)
詳細はこちらから
**************************


応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 10:53| Comment(0) | 叱らない・罰を与えない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: