2018年05月10日

飼い主として何を選ぶのか

*******************************
青木愛弓先生セミナー「ねこのハズトレってなに?@埼玉」
*******************************


こんばんは。
今日も寒かったですね。夕方少し晴れ間が見えたのでルビーとお散歩行ってきました。

遠くにお友達犬が見えたけど、ルビーは気づかずUターンして帰ってきました。お友達犬はこちらをうかがいながらも、チラッと視線を外してくれて紳士だったな。

180510_01.jpg

以前も書きましたが、犬たちが持つ”カーミングシグナル”は、自分や相手を落ち着ける意味があります。
この”カーミングシグナル”の意味を知っていたら、犬を叩いたり、リードショックしたり、大声で叱ったり・・を肯定できなくなるはずと思うのですよね。

人間が”問題だ”と思う犬たちの唸りや咬みという行動は、上記のような穏便なシグナルを無視されて罰せられたりした結果、もっと強い意思表示(唸る、咬む)をしなければならなくなった、という経緯があるのではないかな?と。

まず最初に犬たちに「落ち着いて」と言われているのですよね、私たち人間の方が。

犬を叩いたりして罰してなんとかできたと思っても、実はそれは犬たちがその罰が現れないように暮らしているかもしれません。
いつか来るかもしれない罰を予想しながらそうならないようにしている、ということ。
とっても窮屈だと思いませんか。

暮らしの中のどんなことが彼らにとって過度なストレスを与えるのか、そしてその過度なストレスは犬たちにどのような行動を起こさせるのか、その細かなところまで言及しているこちらの本は、飼い主さんにぜひお勧めしたい一冊です。そんなに厚くないし、平易なことばで書かれているので読みやすさもおススメポイントです。


可愛くて迎えた命、最期まで愛しみ育てたいと思う方へ。
犬に暴力を振るうようなトレーニングを促された時、それに「NO」と言えるような飼い主力をつけることのできる一冊だと思います。

 
 
**************************
「埼玉県動物指導センター見学会」に参加しませんか?
5月31日(木) 10:30〜(1時間程度)
詳細はこちらから
**************************

応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 21:56| Comment(0) | 動物愛護・福祉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: