2018年06月10日

負けるが勝ち

台風が近づいていますね。低気圧に囲まれた天気図を見るとうわ〜^^;と思いますが、気分障害あっても天気のせいにしてよし!と若林先生がおっしゃってたのでそうしよう。^^;


犬が好き、猫が好きだと思っていた自分が、彼らのことを勉強していく過程で過去の自分を振り返って、ああ、あの頃の”好き”は今と好きの質が違うのかもって思う瞬間があります。
時間をかけてゆっくりと変化して、今もその変化の途中だと思うと、数年後が楽しみに思えたりします。

過去の自分は反省材料でもあるんですけど、でもそれがあるからこそ道の途中を歩き続けることや、その行程で負けることを恐れないということを知れたなあなんて思います。

犬たちの姿がそれを教えてくれたのですよね。
争いを避ける為におどけて見せたり自ら身を引いたり。華麗に負けるが勝ちを実践している先生がこんな傍にいたのか〜!
というのも、この道の途中でわかったことでした。さあそれを自分ができるかな。できるように成長したいな。

180610_01.jpg
おどけたりスルーしたりが上手いルビーです♪

犬たちが
「ちょっとそれやめて」
を唸って知らせることも、穏便に終わらせたいことの表れなのだと知りました。
唸りは嫌だを伝えるかなり小さい方のシグナルだからです。

伝え方がヒトと違うから私たちはびっくりしてしまい、
「唸るのはイヌがヒトより上だと思っているからだ」
という理論を当てはめてしまいたくなるのかもしれません。

だから、あやしげな^^;理論に流されないためにも、そしてそのためにお互い暮らしづらくなるようなトレーニングに身を投じないためにも、共に暮らす動物について知ろうとすることは大切なんじゃないかなと思っています。

ということで、明日は
青木愛弓先生講演会〜イヌとの暮らしを変える「やさしい手を目指して」〜

に参加してきます。
何度でも基礎を学びたいです。大切なことを忘れないためにも。


 
***青木愛弓先生セミナー「ねこのハズトレってなに?@埼玉」    
   6月16日(日) 川口貸し会議室  
    猫ともっと仲良く、そして彼らをもっと幸せにしたい方はぜひ♪
 
 
応援よろしくお願いします♪ 
posted by カエデ at 00:23| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: