2018年06月13日

人が思うよりずっと社交的

こんばんは。
久々に晴れて気持ち良い日でした。

昨日ご紹介したテンプル・グランディンさんの著書、「動物が幸せを感じるとき」にこんな記述があります。

猫は人が思っているより社交的だ。それぞれの個性もさまざま。でなければ人間と暮らしたり、遊んだりしないだろう。(p.113)

猫と暮らしたことがある方ならこれ「そうそうそう!」って思うのではないでしょうか。

私は子供の頃、大人のこんな言葉を聞いたことがあります。
「猫なんて人間の言う事全然きかないじゃない」
って。^^;

言うこときくから可愛いとかではなくて、存在自体がかわいい・・愛しいのだ!
と心の中で反論してました。

それに、それこそテンプルさん仰る通り、猫は人間と暮らすのがとっても上手だし、人をとっても好きになってくれる動物だなあと感じます。

子供の頃暮らしていた家の庭には、時々迷い猫がやってきて、中には仔猫だった子もいました。警戒心の強い個体もいれば、こちらを真っ直ぐに見つめて大声で助けを求めてくる子もいました。
自分よりも大きな人間に怖がりもせず近づいてくるその生きものが時々不思議でした。そういう意味でも個体差はあれど、猫はやっぱり家畜(伴侶動物)で、人が思うよりも社交的だなあと思います。

ちなみに上記の猫たちは、助けてあげられた子もいたし助けてあげられなかった子もいて、そういう思い出が今の私に繋がっていると思います。

180613_01.jpg

そんなわけで、私のこの”猫を好き”という気持ちがいったいどこから来るのかはわかりませんが、好きだからこそ、彼らに我慢を強いるのではなく、楽しく暮らして欲しいと思います。

彼らの生きる環境が変わりつつあるこの社会で、慣れないことをする時にも、前もってそれらを平気なことにしておいてあげたいし、何かが起きた時ネガティブな感情ができるだけ押さえられる様な、そんな手助けをできる自分でありたいな。
その為に、”私”が取り組む。
そして毎日の暮らし自体がその取り組みの過程なのでしょうけれど、でもその取り組みの成果はきっと、彼らが最期の時を迎える時に彼らと私両方にとっての大きな力となって発揮されると信じています。


 
***いよいよ、今週末です♪↓
青木愛弓先生セミナー「ねこのハズトレってなに?@埼玉」    
   6月16日(日) 川口貸し会議室  
    猫ともっと仲良く、そして彼らをもっと幸せにしたい方はぜひ♪
 
 
応援よろしくお願いします♪ 
posted by カエデ at 23:53| Comment(0) | 猫も | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: