2018年06月30日

チャーリードッグスクール・杉並座学「噛む犬は悪い犬か」

こんばんは。
今日はチャーリードッグスクール・杉並座学「噛む犬は悪い犬か」に参加してきました。
感想はこちら↓をご覧ください♪


↑後半は"「名前を呼んでおやつ」(=ポジティブな古典的条件づけ)を意識して暮らす"ということを書いています。



180622_01.jpg
お留守番、ありがとう♪在庫写真ですが。^^;

本当に、心が温かくなる座学でした。
沢山の犬たちの心も飼い主さんと一緒に温かくなる、そんな学びがここにはあります。

犬の成長は変化の連続。パピーの頃、思春期の頃、それ以降も、そして老犬になってから、または病気で・・と、私たちの接し方や、はたまた身体の変化と共に気持ちも変化したりして、一生涯なんの問題もかかえずにいられる、という訳ではないのかもしれません。
でも学ぶと、問題と言えば問題だけれど、問題じゃないと言えば問題じゃない、と思える。また、外から来るネガティブな言葉に惑わされない。巷ではよく”ストレス”という言葉が犬のなんてことない行動を語る時に使われたりしますが、その言葉に怯えずにまあまあでいける。そういうゆるさを持つことも、命と向き合う時には大切なのかもしれません。
でも・・・。
例え問題を抱えていてもどうして心があったかくなるんだろう?不思議ですよね?犬との間に何かあった時、必ず戻る基礎と、必ず受け止めてくれる場所がここにあるからどこかで安心できるのだと思います。私たちも、犬にとってのそんな場所に慣れたらいいと思いませんか?
来月は「犬との暮らし方教室」(小田原)も開催されます♪興味がわいた方はぜひ一緒に学びませんか?ご一緒出来たら嬉しいです。


 
 
応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 00:05| Comment(0) | セミナー・講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: