2018年08月13日

齟齬をなるべくなくしたいから

こんばんは。
今日は各地で雷が鳴りまくっていたようで、苦手な方々大丈夫だったでしょうか。

180803_01.jpg

夜中にルビーが起きだすことがあり、最近は身体的に色々不便になってきているので付き添うようにしています。
大体は水を飲んで、その後寝床に戻ってまた起きだしたりくるときは、また水を飲むか部屋をしばらく歩き回って排泄(おっきいの)というパターンが多いかな。全て寝ぐずりだと思って対応していると生理的な現象で起きてきたことを見逃してしまうから、そうならないように気を付けてきます。のどの渇きもいやせずに、出したものも出せずにいたら、^^;眠れるどころではありませんもんね。

でもこれ、もし普段から何がなんでも自分(飼い主)の言うことを聞くように、という向き合い方をしていたら、犬のこういった変化にも気づけずにいたかもしれない。そんなことを思いました。

「犬の心へまっしぐら」の中に”犬に信頼される為の5ヶ条”というのがあり、その中に以下の記述があります。
コミュニケーションは、良い関係を築くには必要だし、それどころか、コミュニケーションが成り立たなければ、どんな関係も築けない。犬の言いたいことを理解し、犬に理解してもらうために適切な対応をし、何をしたいかという双方の希望を合わせ、愛情関係を深め、気持ちを重ねて共同作業をする。こういうことができるように、私たちも学ばなければならない(p.124)


犬を叱ることは、この大切なコミュニケーションを破綻させる一つの原因になっていると感じています。
びっくりして吠えちゃったら(怖がってるのに)「コラ!」って叱られるとか、
叱りながらお座りを要求する人に対して、犬が「落ち着いて」というカーミングシグナルで応えたら、「言ったことをやらないのは人をバカにしてるからだ」とか。^^;

そんな風に、犬の自然な行動や、落ち着きたいという欲求に耳を貸さず、一方的に人間の都合を押し付けるために叱っていたら、きっと今のルビーが言いたいこと(したいこと)もわからないままだっただろうなと思います。でも、もっとわかるようになりたいから引き続き学び続けないとね。私よりもキャパシティが広そうなルビーのことだから、きっとスルーしてくれてることがある気がするのですよね。”大人しい子ほど気にかけてあげないと”、というのは、端からみて大人しかった子どもの頃の自分が、実は問題を沢山抱えていたからこそ思うことでもあります。


応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 23:50| Comment(0) | 叱らない・罰を与えない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: