2018年08月14日

ルビーが私の手をひいて

こんばんは。今日も暑かった〜。週明けから少しお天気崩れるのかと思ったら、天気予報もどんどん変わりますね。

今日は夕方少しだけベランダで外の匂いを嗅いだルビーです。抱っこして、よ〜く鼻をみていると、ヒクヒク動いているのがわかります。匂いで何を見てるのかな〜と想像もできないことを想像してみたりして。

明日の朝は少し気温が低くなりそうなのでマンション下に出てみようと思います。歩かなくても”匂いの散歩”や”情報交換(排泄)”はできますもんね。

180814_01.jpg
2015年のルビーです。

ルビーを迎えた当初、彼女はお散歩で他の犬に会うとくるっと向きを変えて反対方向に歩きだしたり、私の後ろに隠れたりということが多々ありました。私は彼女は犬を怖がっているんだなと思って、そのままではかわいそうかも・・というのもあって、お散歩トレーニングに参加した、という経緯があります。

だからこそ、初めてのお散歩トレーニングでの彼女の姿は忘れることができません。他の犬を怖がるどころか、もう喜びいっぱい満面の笑みで(笑)他の犬たちに混じって走りだしたんですよね。
他の犬とからんで遊ぶということはないんですよ。でも彼女があの場を楽しんでいることはこんなわからずやの私にも^^;はっきりとわかりました。

じゃあ普段の散歩でのルビーの様子は一体なんなんだろう?としばらく不思議で仕方なかったのですが、犬のことを学んでいるうちにだんだんわかってきたんですよね。

例えば、犬たちは自分と他者との距離をとても気にしながら生きている動物で、”ここからこっちは自分のスペース。近づいてほしくない”と感じているスペースの概念があるということ。
また相手に近づくときは彼らなりの礼儀があって、弧を描く世に近づいたり、地面のにおいを嗅げながら近づいたりなど、敵意がないことを示しながら近づく、というようにボディランゲージで会話をしているということ。

この二つを知ると、そうか、ルビーは怖がっていたのではなく(怖がっているボディランゲージではなかった)、また、自分のスペースに侵入していくる相手から去る、という行動を淡々ととっていただけなのかも。ということに気づきます。

勿論、犬によっては距離が近すぎて怖くてその場を離れたいという子もいると思いますが、どちらの場合も、その犬の気持ちを汲んで距離をとれるようリードを緩めたり、または一緒にその場を去る、ということが大切のだと思います。きっとそれが出来なかったりさらにそこにリードのテンションが加わったりしてその結果吠える、、ということが少なくないのではと思います。

180814_02.JPG
先日の恩賜公園の蓮。散ってもきれい。

こんな風に、犬の”距離感覚についての概念”と”ボディランゲージ”を最初から知っていれば(自分の犬の様子も、相手の犬の様子もわかって)ルビーを誤解しないで済んだのかもしれない、と思ったりします。
そんな過去の光景を、今遠くから眺めると、リードで繋がったルビーと私。きっと犬たちから見たら、ルビーが私(=犬語の不自由な生きもの)の手を引いて犬の世界に連れてきた・・・そんな風に見えたかもしれないなと思ったりしました。

* * * * *

さあ、お盆も明日から後半戦。10月からまたお散歩トレーニングを開催する予定ですが、その前に9/24(月・祝)にお散歩トレーニングのオリエンテーションを開催する予定です。秋から散トレをお考えの方はぜひご参加頂ければと思います。
場所は浦和駅近辺です。ショッピングカートが準備できたら改めてご案内しますね!


応援よろしくお願いします♪

posted by カエデ at 22:54| Comment(0) | 犬ってどういう動物なの? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: