2018年08月15日

リードを緩める

こんばんは。
今朝のルビー。涼しい風が吹いていたので排泄を兼ね、マンションの周りを少し歩きました。

180815_01.jpg
とりあえずにおい嗅ぎせねば

その後部屋に戻って、ご飯をあげて寝かしつけてから、隣町の公園まで行ってみました。


FBにも書きましたが公園内で、ワンコの集会に遭遇しましたよ。
広場で話をしている飼い主さんの足元にシェルティが座っていて、それを遠くから見つけたパグちゃんが一旦立ち止まり、地面のにおいを嗅ぎながら近づいていきました。そしてそのままシェルティの数メートル先を素通りしてちょこっと排泄して、消えていきました。

お尻のにおい嗅ぎ合ったりしないと挨拶したことにならないんじゃない?なんて思うかもしれませんが、距離があってもちゃんと”出会ってる”んですよね。

リードでグイグイ引っ張られていないから頭を下げたり、相手に対して弧を描くように遠回りして近づいたりと、自由にボディランゲージが出せる。

ボディランゲージで会話できるから落ち着いていられる。
また、リードのテンションは警戒心をあおるといわれていますが、それがないので吠えずに落ち着いていられる。
・・・ということかなと思いました。

秋から再開するお散歩トレーニングでは、参加者のみなさん、リードを緩めて歩くことを意識します。
とはいえ、興奮しやすいワンコのリードのテンションを緩めるのは結構難しいですよね。経験からもわかります。^^;

ということで、リードワークに関して深く学びたい方はぜひ、こちらの講座をご一緒しませんか?座学で一度頭の中を整理しておくと実践もスムーズに行くのではないかなと思います。


リードを緩められるようになると、犬も人もお散歩がぐっと楽しめる様になると思います。リードワークを教えてもらえる場所ってあまりないと思いますので、この機会にぜひ一緒に学んでみませんか?(^-^)/



応援よろしくお願いします♪

posted by カエデ at 23:50| Comment(0) | リードワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: