2018年08月17日

トレーニングの本ではないけれど

こんばんは。
毎年お盆が明けると一気に秋らしくなるなあと思っていましたが、今日ほど前日と落差のある秋を感じたことはあまりないなあ。^^;お盆に入る少し前から秋らしさを感じた人は少なくなさそうですけど、今日は特別ですよね。

ただ、暑さのぶり返しがあるとの予報なので、まだまだ気を抜けないなと感じます。夏の疲れも、涼しくなったころにどっと出たりしますもんね。みなさんも、ワンコニャンコも引き続きお気を付けくださいね。

180817_01.JPG
先日早朝の公園で撮った写真です。とっても涼しげだったので♪

犬との生活の困りごとを解決したくて調べているうちに、彼らの世界が思ってもみないほど豊かなものだと気づいた。気づくと、人間には出来ないようなこと(=体罰や脅しなど)を彼らにするっていうのはどうなんだろう?と疑問に思うようになる・・・。

そんな流れに誰もが乗れるような情報ばかりだったら迷う飼い主さんも減ると思うのに。


自身を”犬派の人間だ”と表現するアレクサンドラ・ホロウィッツ博士は、動物行動学、比較認知科学、心理学を教えている科学者です。科学者の目から見た犬という生きものについて書かれたこの本は、犬好きな人ならきっと響くのではないかなあ。

ホロウィッツ博士は、”この本は犬のトレーニングの本ではないけれど、読んでいるうちに自分の犬を訓練(と翻訳してあります)できるようになるかもしれない”というようなことを言っています。

”トレーニングの仕方は書いてないけれど、読んでるうちにできるようになるかも”、ということは、犬という動物について知るべきことが書いてあるのだと・・・思いませんか?

「犬ってね」という基礎的な部分を魅力たっぷりに語ってくれる科学的な書物は、それを読んだ私達飼い主の行動に影響を与え、犬と私達の暮らしを(もちろん良い方向へ)変えてくれると思います。そういうものを摂取すれば、^^;自分でも知らないうちに行動が変わり、犬と仲良く暮らせるようになると思うのです。(現状は、知らないうちに犬をいじめようになる情報が多く、そこから問題に発展している場合が多いですよね。)

なかなか難しい犬の世界ですが、心ある科学者の方達の本や言葉を借りたり、私がいいなと思った(命を大切に扱う)トレーニングをご紹介したりして、犬と飼い主さんがもっと楽しく穏やかに暮らせるような発信を目指したい!そう思っています。





応援よろしくお願いします♪


posted by カエデ at 19:35| Comment(0) | 読みもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。