2018年08月20日

生き延びるための能力

こんばんは。
今日も涼しい一日でしたね。朝も夕も外を少しお散歩できてルビーも気分転換できたかな。

180815_01.jpg

最近新しいワンコに会うことがあります。ここへ越してきて10年、何頭かお友達犬も見送りましたが、世代交代がきているのかなあ。

さすがに時代の流れなのか、もしかすると小型犬が多いということもあるかと思いますが、リードショックを入れられながら歩いている犬をこの辺ではあまり見ません。でも、ネットにはまだまだ沢山、犬と飼い主さんの関係を壊しかねない、前時代的なしつけ情報が転がっていますね。
前時代的というのはつまり、
「犬は人の上に立とうとする生きものだから、そうならないようにガツンとやらなければ」
という考え方です。お散歩の仕方で言えば上に書いたようなこと・・・脚側歩行を教えるために犬が自分から離れそうになったらリードショックを入れる、というような。

5月のトゥーリッド・ルーガスさんのセミナーで
「生き延びるための能力は、オビディエンスで変えることはできない」
とおっしゃっていました。
恐怖というのは、敵から逃れるため(=生きるため)に必要な感情だと思いますが、そういうものを服従訓練で直すことはできないということですね。

だから、人間がこれさえ教えておけば安全だと思って脚側歩行を犬に教えても、その教え方が体罰的なものであったら、いつか自分を守るために逃げ出そうとするのではないかなあ。そしてそれを止められないのではないでしょうか。

飼い主であったら逆に犬を恐怖から救う存在になりたい。
またそういう存在からは犬は逃げ出そうとはしないんじゃないかな。
ということで、今日もせっせと”名前を呼んでおやつ”(=飼い主が良いことの前触れになる取り組み)をしつつ、飼い主だけでなく、世の中には良いもの、楽しいことが沢山ある(=自分の身を守ろうとしなくて大丈夫)を伝え続けています。
体が思うように動かなかったり、外界からの刺激が若いころとは違う伝わり方をする高齢犬には特にこれを意識したいなと思いますし、もちろん若いころからそれを伝え続けていれば、年を重ねてた時の安心感が違うのではないかな。犬から好かれようとする必要はないなんて言葉を聞くことがありますが、犬好きだったらそうありたいと思うし、何より好きな人と一緒にいられる方が犬自身も幸せだということは誰もが納得することではないでしょうか。


***座学のお誘い*********************

お散歩トレーニングに興味のある方、ぜひ参加してみませんか?↓
2018年9月24日(月・祝)9:45〜11:45

******************************



応援よろしくお願いします♪



posted by カエデ at 23:50| Comment(0) | 叱らない・罰を与えない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。