2018年08月23日

たかがリード、されどリード

*********<<座学のお誘い>>***********

お散歩トレーニングに興味のある方、ぜひ参加してみませんか?↓
2018年9月24日(月・祝)9:45〜11:45

******************************


こんばんは。
台風20号が西日本に近づいていて心配な夜です。みなさん昼間のうちに安全な場所に移動できていますように。

昨日書いた犬の自然な姿勢、あまり意識したことがない人の方が多いかもしれないですよね。私も改めて言われなければ気づけなかったことかもしれません。でも、私がルビーを迎えたころお散歩を楽しめなかった理由も、犬の自然な姿を知らなかったからかな、なんて思うことがあります。知っていれば、彼女のそういう姿を見られるお散歩を目指せばよかったのですから。

160212_01.jpg
2016年2月のルビー

だから、犬の体のことや習性を知るのって大切だなとつくづく思います。

お散歩に特化して言えば、犬の自然な動きを邪魔しないで歩くためには、リードワークが大切になってくるなと感じます。
でも一般的な120cm〜150cmの長さのリードだと犬に自然な動きをしてもらうにはちょっと短かすぎるのですよね。そこで、私は3mのリードを使っています。犬に負担のない3mリードの使い方は、チャリードッグスクールの夏目先生から教えていただきました。というか、今も教えていただいています。

初めて3mリードを使ったのは2010年の秋でした。あの頃の自分を今見たら、雑なリードワークしてるなあと思うと想像しますが、それでもこのリードに変えてから、ルビーとのお散歩が本当に楽に、そして楽しくなりました。イギリスなんかの広大な公園を、ノーリードで歩く犬と飼い主さんの姿を見たことがありますか?リードがなくても常に意識しあって、追いついたり追い抜いたりしながら歩く。リードを延ばせる場所なんかでは、あんな感じに歩けたらいいなあ、なんて思っています。

犬の動きを妨げないといってもビローンと^^;伸ばしたまま使うのではないんですよね。犬の動きに合わせてたぐったり送りだしたりしながら、犬がノーリードの様に感じるリード使いを目指します。だから、引っ張ったりショックを入れたりは勿論しません。
でも、元気のよい大型犬や、外に怖いものがあってパニックになりやすい子を連れている方にとっては、今使っている犬具を変えることはなかなか難しいと感じるかもしれませんよね。
ということで、リードワーク、一度しっかり習ってみませんか?9月に夏目先生の「リードワークの為の座学」というのがあります。お散歩トレーニングでもお勧めしているリードですのでぜひ一緒に学んでみませんか?


秋からはリードワーク・ワークショップもあるそうです。一般飼い主さんもプロも一緒に学べる貴重な場所だと思いますのでぜひ。



応援よろしくお願いします♪


posted by カエデ at 22:19| Comment(0) | リードワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: