2018年09月09日

共に暮らす仲間として

こんばんは。
蒸し暑い一日でしたね。早く涼しくなってほしいな。^^;
部屋の中をルビーが歩いている時、床に転がっているチニタのかなり近くまでいかないと彼の存在に気づかないようで、そんな時は
「おっと!(いたのか)」
という感じでふいに顔を背けたり視線を外したりというシグナルがでます。
もともとは人よりも視野が広い犬たちだからきっと背けながらも相手のことが見えてることも多いんだろうか。多いんだろうな。
・・・ルビーから見た私の犬語はぎこちないんだろうな。とかいろいろ考えます。

170911_01.jpg
去年はまだこんなところで寝たりしてたのか〜。(2017年9月の写真)

全くことばの違う世界に適応していて生活している彼らって本当にすごい生きものだなと感じます。
でも”理解されてる感”が増せばもっと暮らしが豊かになるはず。彼らの適応能力に頼ってばかりではなく、私も彼らの世界に適応して、世界を少しでも分かち合いたい。せっかく一緒に暮らしているのだから。



* * * * * * <<<座学のお誘い>>> * * * * * * * 
犬との暮らしに悩みの方、お散歩トレーニングに興味のある方、
ぜひ参加してみませんか?
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
            
   2018年9月24日(月・祝)9:45〜11:45
******************************


↓↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
posted by カエデ at 23:50| Comment(0) | ルビーとの取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: