2018年09月15日

犬も猫も

こんばんは。
一日中雨でどんよりな日でした。頭痛がひどくて辛かった・・。気圧やお天気に体調が左右されるワンコ&ニャンコは辛いですよね。どうぞご自愛くださいね。

180915_01.jpg

猫のチニタくん。ハーネスは平気なのですが、ハーネスにつけたリードは気になるようです。先代猫のフーラはどちらもなんにも気にしない子でしたが、そういう個体の方が猫の中では稀有な^^;存在だなと感じます。

リードを引っ張られたりしなくても、視界に入るのがうざい^^;とか、あるようです。背中にリードが乗っちゃったりするのも嫌がるので、なるほど、これがプリミティブなワンコ(和犬さんとかチワワとか)に多い現象なのね!と腑に落ちた記憶があります。

なので、チニタにリードを着けて歩かせるときはリードワークをとても気にするようになりました。もとを正せば、ルビー(犬)の為に負担の少ないリードワークを学んできたのですがその結果、それがチニタとの関係にも生きてるなあと感じます。

犬と猫の接し方について考える時、よく思い出すのが「動物が幸せを感じるとき」のこのくだりです。

猫は、行動も他の家畜と大きくちがう。罰や負の強化(嫌悪刺激を与え、望むことをしたらそれを取り除くことで学習効果を高めること)を使って訓練できないのだ。(「動物が幸せを感じるとき」p.93)

そして、以下のカレン・プライアの言葉を参考として記しています。

野生の動物をペットにした経験がある人なら誰でも知っているが、訓練するのは難しい。たとえば、リードをつけて歩くようオオカミに教えるのはたとえ子供のころから飼っていて、人にとてもよく馴れていても、かなりむずかしい。こちらがリードを引くと無意識に引きもどす。強引に力を込めて引くと、普段はどんなにおとなしくて社交性があっても、パニックを起こし、逃げ出そうとする。(「動物が幸せを感じるとき」p.94)

リードをグイグイ引っ張られたりリードショックをされても、嫌がったりパニックを起こしたりせず人間についてきてくれる犬のなんと多いことか。と思ってしまいます。
犬はそれでなんとかなるからそのままでいいんじゃない?
とは私は思えないのです。
その寛容さに甘えていたら、もっと仲良くなれるはずの可能性を自ら捨ててしまうことにならないかな・・と。

リードショックや、リードを引っ張って言うことをきかせようとすることは犬の身体にも悪いし、(首にある重要な器官を傷めたり、体がゆがんだりする可能性があります。)何より、嫌な刺激から逃れるために言うことをきく、というのは犬からしたらどうなんだろう。
犬だってリードショックしたりグイグイひっぱったりしなくてもお散歩できるのに、嫌悪刺激を与える方法をわざわざ選択することはないのではないかなと。
嫌なものが少ない暮らしの方が暮らしやすいしハッピーではないでしょうか。私たち人間もそうですよね。

ということで、12月には埼玉に先生をお招きしてのリードワーク・ワークショップを計画しています。
先生の今日のブログはこちら。
リードワーク・ワークショップの準備が整ったら、日程などをこちらで告知しますので、チェックしていてくださいね。

また、宣伝ですが^^;今月24日(月・祝)には、「犬とまんまる」主催の座学があります。お席はまだ余裕がありますのでよろしかったらぜひ。


↓↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
posted by カエデ at 23:50| Comment(0) | リードワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: