2018年09月27日

あなたがそう言うのなら

こんばんは。今日もとっても寒かったですね。車で道満グリーンパークまで行ってきたのですが、エアコン入れたらフロントガラスが曇ってきて、なんだか季節の移り変わりを感じました。ただでさえ寝るのが大好きな私ですが、冬は本気で冬眠したくなるので、忍耐のいる季節がやってきます。

161019_02.jpg
2016年10月。八ヶ岳倶楽部♪

昨日からの続きで、犬のボディランゲージのお話しです。

犬の勉強を始めて、彼らのシグナルを見られるようになろうと頑張りはじめた頃、こんなことがありました。
「ルビー」と名前を呼んだあと後ろをついてきた彼女を見ると、ペロッ!っと鼻をなめているではあ〜りませんか!^^;

鼻を舐めるって確かストレスサイン・・・。
ルビーって私に名前を呼ばれて嫌々ついてきてるの?(泣)

・・みたいな。^^;

その様子を先生に見て頂いたら、
「全然嫌がってないですよ。ワクワクする期待感から鼻を舐めてるのね。」
と言われてホッ。

* * * * * * *

シグナルも、犬それぞれの癖みたいなものがあると言いますし、また流れの中で見ると教科書とは違う意味をもったりするのですよね。

ストレスを気にしすぎて「あれもこれもストレスなのでは?」と犬を囲いこんでしまうのではなく、様々なことが受け入れやすいように環境を設定する(=飼い主が一番の大きな環境なので飼い主がとびきり良いものになる、嫌なことが嫌じゃないようにできるように飼い主が練習する、不安から気をそらすことができるようになる、無かったことにできるほどのユーモア(笑)などなど。)、という方向性の取り組みをしていきたいです。

そうすれば、何かの時に犬を制御するのも、「ストレスなのでは?」と不安にならないですみますもんね。
そんな風に考えられるようになると、じゃあ今度はその制御の仕方が犬にとって嫌じゃないようにリードワークを学ぼうとか、叱らずに制御できる安定した自分をつくろうとか、前向きな取り組みができるんじゃないかなあと思います。
”犬に優しく”を意識するようになると今度は
”制御できない自分”がひょっこり現れやすいと経験からも思います。でも抑制を身に着けることは犬にとっても生きやすさに繋がると思うのですよね。(これまた経験から。)

もちろん動物福祉に反するようなことを無理強いしたり我慢させたりということではなく、
現代社会に暮らす犬と人が心地よく暮らしていけるように、
「それはしないよ」「大丈夫だよ」
と言ったら、
「あなたがそう言うのなら」
と犬が受け入れてくれる。
そんなスムーズな関係を築いていきたいですね。

=======
■10月18日(木)に道満グリーンパークでお散歩トレーニング開催予定です。詳細はこちらへ。↓
上記フェイスブックイベントページをお読みの上ご参加ください。お申込みお待ちしております!
=======

↓↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村



posted by カエデ at 23:50| Comment(0) | 社会化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。