2018年09月28日

仕付く=馴れている。身についている。

こんばんは。
今日はとっても美しい一日でした!

飛行機の爆音が怖くなっちゃう前に気をそらせるかな?というのをやってみました。もちろん、”名前”や”チュール食べる?”という言葉を良いものにしておくという下準備を日々してますよ〜♪

* * * * * * *

犬達が犬らしく健全に育つことと同時に、人間社会にも彼らが馴染めますように。私達飼い主はそう願いながら日々を暮らしています。
科学者でもあるムツゴロウ先生のこちらの本にこんなことが書いてありました。


「やってはいけないこと」−それが大きな葛藤と共に脳に入り、脳に定着するのです。これこそが「しつけ」なのです。(p.92)

私は子どもの頃から”しつけ”と称した理不尽な仕打ちにさらされてきた身なので、^^;誰かがこの言葉を口にした時、その内容を注意深く探るクセがつきました。それは犬育てをしていく中でより強固なものに。

しつけと言いながら暴力を肯定していないか。
しつけと言いながら相手の権利を奪っていないか。(動物だったら福祉を無視していないか。)

手元にあった広辞苑(新村出編 広辞苑 第三版 岩波書店)を開いて『しつけ』を調べてみました。
そこに”仕付け=仕付くの連用形”と出ていたので”仕付く”を調べてみると・・・。

”馴れている。身についている。”

とありました。

なるほど。

しつけと称した”しつけとは別のもの”が間違っているだけで、本当のしつけは、その個体の生きやすさに繋がるものなんだ。

犬達の幸せってなんだろうと考えるとき、彼らの犬としての欲求を大切にされながら、かつ人間社会に馴染む(=社会化されること)こと、なんじゃないかなと思っています。そう考えると、”しつけ”って、してあげた方が幸せなんだなと思います。

180928_01.jpg
文鎮役を買ってでてくれたチニタ。(笑)

人工物ばかりの町の中で暮らす暮らしずらさは、人間である私達以上のものがあるだろうと想像に難くない彼らですが、だからこそその中でもできるだけの犬らしい生活を送らせてあげたいと思います。そしてさらに、この環境の中でやっていいこと悪いことを区別できること(=適切に境界線を引くこと)を示してあげられれば、無理なく彼らを守ることができ、生きやすさをサポートできるのではないでしょうか。

その為には、痛みや罰嫌な刺激を伴わない方法で彼らを導いてあげる必要がありますよね。飼い主は犬たちの社会化の担い手。正しいしつけを学んでいきたいです。

=======
■10月18日(木)に道満グリーンパークでお散歩トレーニング開催予定です。詳細はこちらへ。↓
上記フェイスブックイベントページをお読みの上ご参加ください。お申込みお待ちしております!
=======



↓↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
posted by カエデ at 15:20| Comment(0) | 問題行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: