2018年10月10日

リクガメ目線から思い出すこと

こんにちは。今日も日差しが強い埼玉です。

昨晩始まったドラマで(高橋一生さんが出演されてるやつ。)リクガメが森を歩いているシーンが出てきたのですが、その時”リクガメ目線の映像”がチラっと流れたのを見た方いらっしゃいますか?

そのシーンを見た瞬間に、とある光景が脳裏によみがえってきたんですよね。
2013年、チャーリードッグスクールのお散歩トレーニングに参加する為に、小田原まで行ったときの写真です。

181010_130406.jpg
のえママさんから頂きました♪ 2013年の春ですね。

散トレは社会化の場。だから犬も人もリラックスして良いのよ(むしろその方が良いの)と言われ、ついに地べたに寝転んだ私とお仲間さん。(笑)

しばらく寝転んでいると、周りから他の参加者の方たちが「なんだなんだ?何やってるの?」と近づいてきて・・・。自分の周りに人の壁が近づいてきてちょっと怖くなって立ち上がったんですよね。^^;

その時自分が見ていた映像と、昨晩のリクガメ目線の映像とが被ったのでした。

普段自分が見ている世界と、小さい生きものが見ている世界は、こんなに違うんだ・・って思ったのです。小型犬達の世界はこっち(リクガメ側)の世界だよねって。

今でも時々気づかずに、犬の前にいきなり”バン!”と足をだしてしまったりして、その子が居心地悪そうにシグナルを出している、ということがあります。
「あ、ごめんねびっくりしたよね〜。ごめんごめん」
って謝るのですが。^^;


腫れ物に触るように慎重すぎる接し方をする必要はないと思いますが、
知っていれば必要以上にびっくりさせたり無礼なふるまいをしないですむことがありますね。すると自然と犬が嫌がらない接し方が身に着くので、そうすると犬ともっと仲良くなれる(=ツーカーの中になれる)んだろうなと思ったのでした。もちろん、私もまだまだ途上です。警戒されない、犬に好かれることを目指すと、お互いゆるゆる暮らしせるようになるんじゃないかな。

ということで、今日は思い出のワンシーンからのお話しでした☆

==========================================
■11月8日(木)「つくばお散歩トレーニング」
■11月29日(木)「さいたまお散歩トレーニング」
  ※詳細は追って記載します。
==========================================


↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
posted by カエデ at 14:51| Comment(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: