2018年11月01日

一つひとつ丁寧に

こんばんは。
今日はあっち行ったりこっち行ったりそっち行ったりしているうちに日が暮れました。^^;

ルビーとお散歩に出てゆっくり歩いていると、
「がんばってね」
と、必ず複数人の方に声をかけて頂く日々です。
それでもまだあまり抱っこの出番がないお散歩。

181029_02.jpg

だっこ。

簡単なようで、実は犬からすると(猫からすると)されたくないものになっていることも多そうな"だっこ"。


いつか抱っこ散歩しかできなくなる時がくるかもしれないから、

「いい子いい子♪」

って言いながら、若いころから優しく体に触れたりだっこしたりできるといいなと思います。

”優しく”

というのは、

犬(猫)から見て”優しい”なんですよね。

でも

「いい子いい子」

って言いながら

相手が嫌だと感じる抱っこをしていたら

「いい子」

という言葉も嫌なことの前触れになってしまうから、

だから

相手が心地よいと思う抱っこの仕方を練習するんですよね。

そして普段から当たり前にできることも

「いい子だね!」

って褒めたたえる。

心も体も優しく包み込んで、なにかあってもフッとリラックスできるような抱っこが出来るようになりたいと思います。

こう見えて(どう見えているかわかりませんが!)色んなところがガサツな私なので、抱っこひとつ、接し方ひとつとっても丁寧さを学ぶ必要のあった道のりでした(今もです)。だからこそ、この部分がどんなトレーニングよりもまず大切なものかも、なんて思います。


==================[お知らせ]=================
■11月16日(金)、11月29日(木)「さいたまお散歩トレーニング」
■12月13日 夏目先生をお招きしての「リードワーク・ワークショップ」
==========================================

↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
posted by カエデ at 19:46| Comment(0) | 接し方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: