2018年11月24日

犬を迎えるということは

おはようございます。
寒い日になりそうですね。今日は午後一杯外出予定な一日です。


181113_01.jpg
・・・またまた在庫写真

犬や猫の勉強をしているとよく言われるのが
「飼主は後から好きになったもの」
という言葉。

生きものには
”生まれながらに好きなもの”と、
”後から好きになったもの”がありますよ〜。

ということなのですが。

私たち飼主は犬や猫を迎えると、嬉しくてくれしくてその時点からすでに彼らの親や兄弟になったような気持ちになって、遠慮なく接しがちです。でも犬猫からしたらどうなのかな?

「今日から私がママよ。(パパだよ)」
という言葉が通じるわけもなく・・・。
もしかしたら母犬や兄弟犬から離されて心細い想いをしながら家(彼らにとっては知らない場所)に来たかもしれないし、子犬でなく成犬でもらわれてきたとしても、新しい環境に連れてこられるということはそれなりに不安を伴うもの・・・なのでは?
そこまで思いやってあげられなかったなあと、犬を勉強するようになってあらためて気づかされました。

私たちが”犬を迎える”ということは、彼らからすると”突然に新しい環境に身を置く”ということ。

181102_00.jpg

そんな中で、犬にとっても飼い主にとっても当然の幸せを、なぜか困難にしてしまうようなトレーニングがまだまだ世の中にはあるんだなあと感じます。
”母犬がやるように優しくマズルを掴んで上下左右に動かす”と謳っている動画をつい最近見つけましたが、犬の出す”嫌だ”のシグナルは無視されていました。

犬の気持ちはどうだろう?

私たち飼い主がやることは、まず彼らを安心させること。
ここは怖い場所じゃないと、優しい世界なんだよと教えてあげること。
怖いことがあったら飼い主の元に戻ってきて安心を得られ、また勇気をだして外の世界に出ていける、そんな安全基地のようなもの。
その為にも私は彼らから見て”大好きなもの”になりたいなと(ありつづけたいなと)、思っています。


==================[お知らせ]=================
■11月29日(木)「さいたまお散歩トレーニング」
■12月13日 夏目先生をお招きしての「リードワーク・ワークショップ」
==========================================

↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
posted by カエデ at 00:58| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: