2018年11月30日

「リードワークのための座学」に参加しました

こんばんは。
今日はなんだかちょっと体調下降気味でした。風邪ひかないように気をつけないとね。皆さんもどうぞお気をつけください。

一昨日28日は、チャーリードッグスクールの「リードワークのための座学@横浜」を受講してきました。

181130_01.jpg

リードワークのための座学なのですが、リードワークそのものだけを学ぶわけではなく、
”なぜそういうリードワークなのか”
や、
”なぜリードワークを習うのか”
という部分までみっちりお話を聞きました。

形だけ真似しようとしたり、方法だけを求めていたのでは、きっと得るものや行うことが全く違うものになるのだと思います。

例えば
「リードを引っ張り返さないようにしましょう」
ということは聞いたことのある方はいらっしゃるかもしれませんが、
なぜリードを引っ張り返しちゃ言いけないのか。
引っ張り返さないってどういうことなのか。
ということや、
なぜ叱らないのか。
”犬らしい”って本当はどういうことなのか。
から更に
普段からそれをやっているつもりだけど、実際はどうなのか?
などなど。
自分を振り返る貴重な時間でもありました。

181130_02.jpg
今日のお散歩。ノロノロ散歩だけど、リードワーク結構気をつけているんですよ♪

犬との暮らしに困った時、手っ取り早く解決方法を知りたいと思う人は少なくないのかなと思いますが、
”どうしてそうするのか”という基礎の部分を学ぶことが、一番大切で、実はそれが一番の近道なんじゃないかな?と感じています。基礎がなければ出来上がるものが違ってきてしまいますし、また、基礎ができていれば何か問題が起きる度に方法を求めてさまようことなく、自分で答えを導き出せますもんね。
ただ、リードワークは身体の使い方も含まれるので、そこは先生を見て真似し、密かに(エアーでリードワークする姿は結構怪しいので。^^;)練習するところから。

ということで、犬にとっての一大イベント”お散歩”をより楽しいものにするための学びがいっぱいの講座でした。沢山の方に知っていただきたいので、また開催されますように・・・!
夏目先生、ご一緒したみなさま、ありがとうございました♪

↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 23:50| Comment(0) | セミナー・講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: