2018年12月05日

来年のお散歩トレーニングの予定をアップしました♪

こんばんは。
12月もう12月5日過ぎたんですよね。毎年そうなんですけど、10月くらいから時間が加速しながら過ぎていく気がします。
というわけで、来年1月のお散歩トレーニングの予定をたてました。


お散歩トレーニングの場所は、犬とそして飼い主さんのための場所。

まず犬が自然と落ち着けるよう、犬にとって何が心地よいのかを人間が犬を学びます。

そのためには彼らの”落ち着こうよ”ということばを真似することが一番。
例えば、
目をジッと見つめられるというのは犬的に居心地が悪いから、なるべく直視しない、目を細めてみる、まばたきをしてあげる。
近くや対面している犬が居心地悪そうにしていたら顔を背けてあげる。
バタバタと動かず、ゆっくりと動く。
近づくときは直線的に近づかず、弧を描くように。
などなど。
これらはノルウェーのドッグトレーナー、トゥーリッド・ルーガスさんの提唱する”カーミングシグナル”(自分や他の犬を落ち着かせるボディランゲージ)です。



見ようと思わなければ見えない、しゃべろうとおもわなければしゃべれない犬語。
この犬語をしゃべる飼い主さんが集まる場所だからこそ、犬たちは安心できるのですよね。



181205_01.jpg

散トレの場は、犬のことだけでなく人同士も思いやる場所なので、こちらから見て大丈夫そうなワンコでも、飼い主さんが距離を取りたがっている場合はその気持ちを汲んであげたいです。

”ここは安心な場所”と感じてホッとするのは犬も人も同じなのですよね。そう思えてこその社会化の場ですもんね。

いろんな犬や人と一緒にあるくけれど、その中で飼主さんと犬一対一のお散歩を楽しむ。
お散歩トレーニングはそんな空間です。

そんな場所作りを今年の2月から始め、まだまだ力不足を感じながらですが、みなさんのおかげでなんとかやってこられました。ご参加いただき、また一緒に学んでくださる仲間に感謝!来年の散トレもぜひ、よろしくお願いします!




↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 23:22| Comment(0) | お散歩トレーニング(開催) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: