2018年12月15日

犬がリードを引っ張るんです

こんばんは。今日も寒い一日でした。でも段々と身体が慣れてきた感じ。^^;

先日の、夏目先生をお迎えしてのリードワーク・ワークショップ。リードワークについてなんですけど、犬がノーリードの様に感じるリードワークを学びます。

よくよく考えてみると、リードがついているがために犬が引っ張る・・・
というか、お互いに引っ張り合う、という状態になっているのですよね。
だってリードがついていなかったら”引っ張れ”ないですもんね。
それも、きっと人間側が
それしないで」「こっち行くよ。」
などと、リードで犬を引っ張った経験があるからこそ、犬が引っ張るようになった、という過程があるのが見えてきました。

181215_01.jpg

夏目先生のリードワークは、リードで犬に合図(ショックやチェック)を送ったりせずに犬と歩きます。(具体的な内容はぜひ先生のセミナーや発信を読んでみてくださいね。→ https://www.charliemama3.com/

リードで繋がっていてもリードで操作しないということは、(必要な時には)リード意外のもので犬に
”こっち行くよ”
を伝える必要があります。

だから、犬のボディランゲージを知る必要があるのですよね。

という、(人によっては)意味深な文章で今日は終わりにしてみます。^^;

ではではお休みなさい!


========[お知らせ]=====================
 お散歩トレーニングはゆるい社会化のための場所。
 犬のことを一緒に学びませんか?お申込みお待ちしています。
===================================

↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓



posted by カエデ at 19:55| Comment(0) | リードワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。