2018年12月18日

”オンリードのおいで”

こんばんは。今日は朝からお日様が出て気持ちの良いお天気だった埼玉です。

180315_03.JPG
今年3月のお散歩トレーングにて。ララちゃんとジャムラ母さん♪


昨日書いた記事は、夏目先生用語の「オンリードのおいで」と深く関係しています。


リードをつけた状態での「コイ」のトレーニング。リードショックを使わず、リードはたるませる、が特徴です。(「私は社会化のドッグトレーナー」夏目真利子著 p.78

小型犬ですとリードショックを使わなくてもリードを引っ張ってついてこさせてしまうことができてしまうので、^^;特にこのトレーニングをしようと思わない人が多いのかもしれませんが、犬に伝わるものが全然違うと思います。自分の意に反して連行されるように^^;連れていかれるのと、呼ばれて嬉しくて自ら飼い主の方に近づいていくのとでは、全然ちがいますもんね。この違いはきっと暮らしの中に根付くものだと思うので結構侮れないのではないかなと思います。
つまり、
”捕まえてなんとかしちゃう”が続くと、捕まえようとすると逃げるようになる・・・かも?

いざという時だけそれをやろうとしても無理なので、普段から楽しく取り組んでおきたいなとおもいます。
これは「オンリードのおいで」に限らず、「名前を呼んでおやつ」も「抱っこ」も「オスワリ」も、みんな同じ。犬が楽しい(嬉しい)こととしてできるようにこちらが心掛けることで普段の暮らしもどんどん明るくなると思います。その為にも、どんな風にしてあげると犬が楽しいと思うのかを知ることは大切だなと感じています。


========[お知らせ]=====================
 お散歩トレーニングはゆるい社会化のための場所。
 犬のことを一緒に学びませんか?お申込みお待ちしています。
===================================

↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 23:50| Comment(0) | 叱らない・罰を与えない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: