2018年12月20日

子犬はどこからやってきた

こんにちは。今日は午前中久しぶりの長電話。元気そうな友人の声を聞いてほっとしました。

今年ももう残すところ10日余り。クリスマスも近づいてきましたね。
クリスマス・・・全ての命にとって幸せな日でありますように。

181220_01.jpg
実家の玄関飾り。しかも去年の。^^;

子犬たちがこの時期の大切な時間を、ショーウィンドーで独りぼっちで過ごしたり、母犬の温もりや優しく接してくれる人間がいない場所で過ごしたりしていませんようにと願っています。

子犬の時期、どんなところでどんな風に過ごしたかということは、その後の犬生、そして私たち飼い主にも深く関わってくる問題だと思うので、本から少し引用しますね。


  たとえば子犬が人間社会と接触する時期と問題行動発生率との関係を調査したところ、8週齢までに人の家庭的な環境で飼育されなかった犬は、成長後に人を回避する行動をしたり見知らぬ人への攻撃性が高くなったりします。(「犬のココロをよむ」(p.10)
 このような小さい時期に人間社会との接点を持つことの重要性に加え、犬の母子の関係も重要になります。たとえば6週齢以前に子犬を親や兄弟犬から離してしまうと、その後その子犬はほかの動物やまわりの人との関係を良好に保つ、いわゆる社会化が阻害され、さらに体重が減少したり死亡率が高くなったりすることがわかってきました。(「犬のココロをよむ」(p.10))

また、こちらの本では子犬と一緒にいる母犬の健康状態の大切さについても触れています。↓


子犬の環境エンリッチメントのみならず、母犬のエンリッチメントも考えねば。まず母犬を気持ちよく過ごさせてあげないことには、母犬が子犬にゆったりと接することなど不可能だ。
(「ドッグトレーナーに必要な『子犬レッスン』テクニック」p.30)

このように、子犬が健全に育つためには、

・母犬・兄弟犬との関わりの重要性
・人への社会化
・母犬の健康状態も良好であること

これらの事がとても重要だということですね。
先日も、子犬を産むためだけに使用されている母犬の悲惨な写真を目にしましたが、それではいけない訳ですよね。母犬はもちろん、子犬にとっても人間(飼主)にとっても。

犬との楽しい暮らしを支えるものは、どこかに繋がる自分の行動だったりするのかもしれません。
目の前の犬を見つめるその視線が、どこかにいる母犬や他の犬達、そしてこれから生まれてくる犬たちにも注がれますようにと祈っています。

========[お知らせ]=====================
 お散歩トレーニングはゆるい社会化のための場所。
 犬のことを一緒に学びませんか?お申込みお待ちしています。
===================================
↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓


posted by カエデ at 15:48| Comment(0) | 動物愛護・福祉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。