2019年01月25日

好きな曲のイントロのように

今日はルビーが定期的に飲んでいる薬をもらいに動物病院へ行ってきました。

行きの車の中でラジオをつけていたのですが、パーソナリティの方が

「”この曲のイントロ聞いただけで気持ちが上がる〜!”みたいな曲あるよね。その後の盛り上がりを知っているからこそ、イントロ聞いただけでワクワクするんだよね!」

みたいなことを言っていて、

”そのイントロみたいな人になりたいんだよね〜”

と思ったのでした。

181016_01.jpg
車の中のルビー♪(去年の10月の在庫写真です。)

犬がその人を予感しただけで嬉しくなるような、そんな存在になれたらいいですよね。

以前も書きましたが、ターシャ・テューダーのお孫さんが

「娘たちが僕の足音を聞いただけで嬉しくなるような、そんな父親でいたいんだ」

ってテレビでおっしゃってた、そんな存在。


どんなに”名前を呼んでおやつ”で、文字通り”おやつ”と”何か好きになってほしいもの”を一緒に与えて、良い印象のものを沢山つくっているつもりでいても、普段の暮しの中で犬は勝手に(自然に)私たちを観察して彼らなりの印象を持つものだから、叱らない、不安顔を見せない、取り乱さない、ことは大切だなと思ったのでした。

嫌なことはすぐに覚えるしずっと覚えているし、、、というのは、生存戦略として危険から身を守るために必要な感覚だと思いますが、沢山のことに嫌な印象を持って暮らすことって、とっても生きづらいと思います。そしてそれは”問題行動”としてあらわれるかもしれません。
だからそうでなくて済むような暮らしを犬たちには与えてあげたい、その為にまずは自分の在り方を見直したいなと思います。

イントロの話がこんな展開になろうとは!かもしれませんが、^^;
犬の勉強をしてから様々なことが「自分という刺激が犬たちにとって良いものであるように」というところに繋がる私なのでした。


============[「犬とまんまる」よりお知らせ]===========
 お散歩トレーニングはゆるい社会化のための場所。
 犬のことを一緒に学びませんか?お申込みお待ちしています。
===================================
↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓


posted by カエデ at 23:50| Comment(0) | 大切な余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。