2019年02月12日

問題なのはどの行動?

最近は抱っこすると頭を落としてクッタリと眠るルビーです。
寝かしつけも、これが一番すんなりいく感じ♪

190212_01.jpg

ルビーはとてもキャパシティの広い犬で、だからこそ彼女の”やってほしくないこと”を知らず知らずにやってしまったり、またはして欲しいことをしなかったりと、色々と至らない飼い主だった私です。
今でも気づかないことがあるかもしれないから、ずっと学んでいます。

どんなに理不尽な接し方をしても特に表立った(外から見える)問題がなく過ごせてこれる犬と飼主、という関係もありますね。
でもそれは相手(犬)のキャパシティの広さに助けられているとか、相手が我慢(または譲歩したりスルーしたり)してくれていたからなのかもしれません。

”叱る”という行為は、人間がする以上人間仕様の叱りなので、犬にとってみたら
どうしてそうされるのか原因がわからない怖いもの、痛いもの、だったりしませんか?

叱ったら部屋の隅に逃げ込んでしまってその後は大人しくなるという子もいれば、(それが良いという意味ではありません。)
逃げずに(自分を守るために)攻撃してくる子もいるでしょう。

でもその攻撃(に見える行動)は、
”攻撃された自分を守るため”
だから、その子にしてみれば当然の行動なのですよね。当然の行動・・正当な理由があっての行動、犬は間違っていないということ。

そして、最初は逃げていた子も、度重なればそれを早めに察知して攻撃してくるようになるかもしれません。(人間としては、”何もしていないのに”攻撃してきた、と言いたくなるシチュエーションかも。)でももちろんこれも、犬が間違っている訳ではありません。

だから叱ってはいけないのだと思います。

まずはして欲しくないことができないように環境を整える。そして犬としての欲求を満たす。
それでも出てくる問題は、もしかするとこちらの反応がその行動を引き出している場合もあるかもしれません。

だから、まずは飼い主が学ぶ必要があるのですよね。
その学びは犬との関係だけでなく、これからの自分をも力強く支えてくれるものだと思いますよ。

・・・と、そんな諸々のお話を、ワイワイお散歩しながらできるのがお散歩トレーニングでもあります。

今週木曜日はつくばで、来週の木曜日にはさいたまで開催いたします。ご興味のある方はぜひご参加くださいね。穏やかで優しい仲間たちと一緒に歩きませんか?


============[「犬とまんまる」よりお知らせ]===========
 お散歩トレーニングはゆるい社会化のための場所。
 犬のことを一緒に学びませんか?お申込みお待ちしています。
===================================

↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓


posted by カエデ at 23:50| Comment(0) | 問題行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。