2019年03月08日

ネガティブな関連づけを崩してあげたい

人間もそうですが、必要以上に苦手なもの、ことなど、過剰反応してしまうものがあったら生きにくい。犬たちはそういうものにさらされた時、きっと吠えたり噛んだりするのでしょうね。

だから、彼らの脳の中にできたネガティブな関連づけを崩してあげたいなと思います。

150417_02.png
2015年。ルビー若いな〜。

まずできることは、普段から叱ったり罰したりしない”犬にとって安心できる家の中”で、名前を呼んでただただおやつをあげる、ということ。

この”おやつ”は、行動に対する正解(ごほうび)としてのおやつではなく、”おやつの良い印象を名前にくっつける作業”なので(古典的条件づけと言います)、何も行動を求めず、名前を呼んだらすぐにおやつをあげます。
手から食べない子だったら、投げてあげたり床に落としてあげると食べないかな?
もしくは、名前を呼んで「良い子だね♪」と優しく言う、というのでも良いと思います。

普段の暮らしの中でこれを丁寧に続けていくと、名前を呼ばれたときに嬉しい気持ちが湧き上がってくるようになって、名前を呼んでくれる人のことも好きになるし、名前を呼ばれるその場所も好きなる、さらにその場所にある様々なものも好きになるのではないかな?という希望のある取り組みです。

150616_01.jpg
こちらも2015年。犬たちにとって家の中が安心できる場所でありますように。

家の中でできたらお散歩中にもやってみる。
戸外でも名前を呼ばれればふんわり嬉しい気持ちが湧き上がるように・・そのくらい丁寧に家の中で取り組んで。

外で食べ物が食べられないほど緊張している子には、おうちの中の取り組みで犬にとって大好きな存在になった飼い主さんがいれば大丈夫です。飼い主さんが緩衝材になって(抱っこをせがまれたら抱っこしてあげたり、歩けない時にはムリに引っ張らず待ってあげたりして)あげることができると思います。

怖いことがあったら逃げて戻れてホッとできる場所として、私たち飼い主は存在したいですね。飼主さんがいればちょっとしたストレスなんてどうってことない、ってくらいに。

そうやって段々と色んなものに慣れて、ネガティブな関連づけがいつの間にか(大好きまでいかなくても)大丈夫なものになっていきますように。

お散歩トレーニングは、そうやって普段犬との間に作り上げたものを携えた飼い主さんが集まる場所です。
犬にとって良いものばかり持っている人が集まるから、犬たちも安心できる(=”世界は安心出来る場所”となる)のではないかな。社会をそんな風に犬たちに紹介できる人間でありたいなと思いませんか?



============[「犬とまんまる」よりお知らせ]===========
 お散歩トレーニングはゆるゆるとした社会化のための場所。
 犬のことを一緒に学びませんか?お申込みお待ちしています。
===================================
↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓


posted by カエデ at 06:53| Comment(0) | 古典的条件づけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。