2019年03月25日

春の嵐をやり過ごす

おはようございます。というか、こんにちはですね。^^;
今日も良いお天気ですね。でもまだ外はひんやり、そして気圧低下中ですね。

暖かい季節の到来が嬉しい半面、花粉症やら自律神経の乱れやすい気候だったりして、人間も心身のバランスとりづらい季節。
そこにもしかすると初めて迎えた子犬の警戒心の芽生えや思春期が重なったりすると、さぞや大変だろうなぁ・・・と想像することがあります。

180323_03.jpg

私の場合は、ルビーを迎えたのは7月で彼女はもう大人犬だったにも関わらず、悩みに悩んで右往左往していたのでした。10年前のことです。
だから、犬を迎えて悩む方の気持ちは、全部はわからないにしても少しだけわかるような気がしています。

犬を学んでいく中で知ったのは、
子犬の成長過程において、だいたい生後13週から16週くらいになると警戒心が芽生える時期があること(=吠えやすくなります。)また、7ヶ月〜10ヶ月くらいには思春期がやってくること(=自分の実力以上のボディランゲージを見せたり、飼い主の助けを必要としない様子を見せたりすることがあります。)です。

そしてこれらの時期は人間的には
「突然吠えるようになった」
と感じたり、犬を扱いづらく感じたりするのですよね。

そこに更に、
「犬が自分をリーダーだと思っているからだ」
「優しいしつけなんてしてるからだ」
「今ガツンとやっておかないと。(これからもっと大きな問題が出てくるよ。)」
というような、不安をあおるようなアドバイスをもらってしまって、犬を叱ったり罰したりして関係がこじれてしまう、という流れはまだまだ多そうです。

180328_01.jpg

ガツン!とやって行動はなくなったように見えても、犬の中でネガティブなものが残ると思うので、それが犬と飼主の親和的な関係づくりを阻害しない様気を付けたいです。

叱らないしつけは、全く介入しないというわけではなく、衝動的だったり危険に繋がる行動には適切に(穏やかな)介入をしながら同時に、荒ぶった気持ちをフワッと溶かしてしまうような自分づくり(刺激つくり)を飼い主側ががんばりましょう、というものです。犬たちが”落ち着ける”よう、飼い主が環境を設定する(飼主も環境のひとつです)、とも言えるかもしれません。

最初から完璧にできる人はいないと思うので、飼主も徐々に変化して・・。
そう考えると、子犬もそして飼主である自分も、少しずつ一緒に成長している時期、とも言えるのかもしれませんね。

犬たちの当然の変化に慌てたり引きずられることなく、その時をなんとかやり過ごす、というような感じで過ごせたらいいですね。また、それをサポートできるように、周りにいる人(それが自分である場合もありますね)も、上に書いたような不安をあおるような安易なアドバイスはしない、というのが大切なんじゃないかなと思っています。



========  [「犬とまんまる」よりお知らせ]  =======
お散歩トレーニングはゆるゆるとした社会化のための場所。
犬のことを一緒に学びませんか?お申込みお待ちしています。
===================================
↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓


posted by カエデ at 11:24| Comment(0) | 成長過程 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。