2019年04月08日

興奮させない方がいいんでしょうか?

こんばんは。
外は結構な雨が降っています。明後日は気温がグンと下がりそうで、ホント春って花粉やら気温さやら色々大変ですよね。みなさんご自愛くださいね。

190409_0328.jpg
先日、隣駅まで見に行ったレンギョウ♪

最近「(犬って)興奮させない方がいいのかな?」って聞かれることが結構あって、
ああこれは以前私が、嬉しくて走り出すルビーに覚えたのと同じ戸惑いから来る質問なのかなあ、それとも誰かにそんな風に言われて不安になったのかなあ?とかいろいろ考えたりしています。

犬を迎えて間もない飼い主さんはきっと、犬という動物が、
大好きな人の顔をなめまくったり、飛びついたり、甘噛みしたり、はたまたお散歩で走り出したり、高速回転したりするだけでも
「うちの犬こんな感じでいいのだろうか?」
と不安になるのかもしれません。

でも、その時彼らのボディランゲージは”嬉しい”とか”大好き”を表していませんか?

190319_01.jpg
リードを持った飼い主(私)は、自分の犬の後ろ姿しか見えないので、
こんな表情してるなんて最初は気づかなかったのでした。

犬だって楽しいことは楽しみたいし、嬉しいことはそう表現したいし、興奮することは日常茶飯事・・というよりそれが喜びなんだなと思うようになりました。それに、一日中興奮しているってことはないですよね?寝てる時間もあるはずです。

ムツゴロウ先生の本にはこんなことが書いてあります。

昔は「赤ん坊の頃の脳細胞は少ない」と言われていました。つまりお母さんのお乳を吸って育つにつれ、どんどん細胞が分裂していって増えていく、といわれておりました。
これは間違いでした。むしろ成人よりも脳細胞の数は多いんです。そして刺激を受けることで、使われる細胞が残っていくんです。沢山使われる回路が残るんです。(「犬はどこから・・・そしてここへ」p.102

興奮は、”興奮が切れて落ち着く”という脳の回路を作るのに必要なものであると考えることができそうではないでしょうか。
だとしたら、落ち着くスイッチが入りやすいように、”興奮→興奮が切れて落ち着く”ことは、沢山経験した方が良いように思います。そういう回路作りの為にも、興奮は必要なものだと考えられはしないでしょうか。

思いっきり遊んだら、そのあとはお互いそっとしておいてね、というのではダメなのかな?

興奮はストレスだとか、興奮させないようにしなければ、と様々な刺激から遠ざけて回路を作るチャンスを逃してしまうよりも、興奮しても切れればいい。興奮を過剰に怖がることなく、彼らの楽しみや喜びを沢山もたらし、同時に落ち着きのスイッチをつくる手助けが出来る飼い主になれれば、これ以上の喜びはないなと感じています。


========  [「犬とまんまる」よりお知らせ]  =======
お散歩トレーニングはゆるゆるとした社会化のための場所。
犬のことを一緒に学びませんか?お申込みお待ちしています。
===================================

↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 23:50| Comment(0) | 犬ってどういう動物なの? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: