2019年05月18日

ネガティブな気持ちを紛らわす何か

こんばんは。
実は今日も秋ヶ瀬公園をお散歩してきました。今日は人間のみでしたが。^^;

先日のお散歩会では、実は草むらのとある箇所を犬たちが順番に嗅いでいく、なんてシーンがあって面白かったんですよ。誰かのメッセージ(他の犬のマーキング)があったのかどうなのか。犬のみぞ知る、というところでしょうか。

190518_01.jpg
匂い嗅ぎ渋滞(命名モカのんママさん♪)の後、少しまったり。

昔ルビーがお散歩中に誰かの排泄の跡を嗅いで、直後にびっくりしたようにピョンッ!と飛びのいたことがありました。先生にその話をすると、ストレス臭か何かを嗅ぎ取ったのかもね、と。(だから犬を脅したり体罰与えたりしたくないですね。)
そしてそんな時は
「はい、お鼻直し♪」
とか言って、おいしいオヤツをポンと口に入れてあげて気分転換してたと教えて頂いて、ルビーにもそんな風にしていました。

これは些細な例かもしれませんが、住宅街でのお散歩などでは、何も起こらないように環境設定をするということはなかなか難しいので、やんわりやり過ごせたり、何かあってもすぐに気分転換できたりできればいいんじゃないかなあと思っています。

何回かご紹介していますが、またこちらでも。




例えば吠えなどは、対象から気を逸らして飼い主さんに集中してもらいながらやり過ごすとか、
上手くやり過ごせなくても「はい次!」って切り替えられるところから。
動画の先生の様に、思わず笑ってしまいそうな、今起きたことをうっかり忘れてしまうような(忘れなくても引きずらない程度に)何かを犬に提示できたら更にいいですよね。

だから、私たち飼い主は犬にとって”良い事”を予感させるものをどんどん引き出しから取り出せるようになりたいな〜・・・って、思います。むしろ、自分がそういう存在になれば、自分から出てくるものは全部”良いもの”になるんじゃないかな?とか。

みなさんにも大好きな人がいませんか?俳優でも歌うたいでも本の中の人でも個人でも良いですが、その人を思い浮かべるだけで心が躍ったり暖かくなったりするような存在が。何かあってもその人に声をかけられたらいやなこと全部忘れちゃう、みたいな。(笑)
犬にとってのそういう存在になるために、暮らしの中で楽しく取り組めたらいいですね♪


↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓


posted by カエデ at 21:40| Comment(0) | 問題行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: