2019年05月21日

犬も人も、育ちの過程を大切に

こんにちは。
このあたりの雨はピークを過ぎましたが、まだ酷く降っている地域もありそうですね。被害が大きくなりませんように。



190516_150511.JPG
2015年の5月♪近所の公園にて。

お散歩トレーニングの方針として「叱らない」というのがあるのですが、これは散トレの時だけでなく、普段の暮らしでもお勧めしていることです。

「叱らない」ことは「名前を呼んでおやつ」(ポジティブな古典的条件づけ)で自分が犬にとっての良いもの(二次強化子)になるということと深く関係している、というのは、取り組み続けているからこそ実感できることなのかもしれません。

犬を叱れば(その時だけ)は止めて欲しいことをしなくなる(個体もいる)ので、それでずっと暮らし続けることも可能なのかもしれないけれど、、、。でも実は犬側が我慢したり寛容にスルーしてくれたりしているのがわかるようになると、叱りたいという気持ちが消えていくような気がします。

犬を学んでいくと(叱っていた人などは特に)
「わ〜私間違ってた」
と気づく人は多いはず。(もちろん私も経験しました。)

でも自分を振り返ると、それはきっと”もっと犬と仲良く暮らすための扉”を開いた瞬間なのかもしれません。

開くまでなんだかモヤモヤしたり、切なかったり悲しい思いをしたりしてきてやっと開いたドアなので、閉めたらもったいない(笑)と思って、私は開いたドアの中に足を踏み入れてみたのでした。

犬を知る旅をつづけながら自分も育てる、そんな学びの道を一緒に歩いてくださる方がいたらとっても嬉しいです。



↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓

posted by カエデ at 17:55| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: