2019年06月17日

犬を学ぶ?何を学ぶ?

2日ぶりの、こんばんは。^^;

日曜日の朝は”公園のはしご散歩”をしてきました。

犬がいなくても(一人でも)歩きたいな〜♪と思うくらい、緑や土のある場所っていいなあと思います。

・・いや、いやいや。
ルビーと歩いた場所だからこそ、私がそこに特別な思いを持っている(=ポジティブな古典的条件づけ)のかもしれないですね。

190617_01.jpg


ツイッターなんかを覗いていると時々
「うちの犬気が狂ったのかと思った!」
って言葉と一緒にアップされている動画が、芝生の上で高速回転(と呼んでいますが、グルグルグルグル同じところを走り回ること。)していたり、地面に体をこすりつけ(ながら進んで^^;)ている動画だったりします。

でも犬と暮らして、そういうのを面白そうに(でなくとも、あなたたちってそういう生きものよね、^^;と)見つめる人に囲まれて(飼い主として)育つと、
「犬ってそういう動物なんだな」
といつのまにか納得している自分に気づいたりします。

だから、ちょっと不安になった時に側にいてくれる人の立ち居振舞いの影響の大きさを想うし、
逆にそういう時自分はどういう人のそばに居たいかということに気づく、ということも大切なことだなと感じたりします。

190617_02.jpg

私も犬のこと全然知らなかったので・・・というより”知らなかった為に
自分が知らないということにも気づかずに”あれやれこれやれと、彼らに通じない言葉で話しかけていたなあと、振り返って思います。

そして、「あれれ?なんかおかしいな」と気づいて学ぶうちに、ルビーは犬のことばで
「わからない」
「嫌だな」
って(口をムチャムチャさせたり、クジラ目(くじらめ)になったりしながら)応えていたことにある時気がづいた。

だから、まずはあれやれこれやれと言う前に、彼らのことを知りたい。彼らのことばを知りたい、、と思います。


少しでも知ってみると、自分がどれだけ無神経なことを^^;犬にしていたかがわかってビックリするんだけれど、

その気づきは次の気づきにつながって、その繰り返しがきっと犬との暮らしの外まで広がっていくんですよね。

* * * * * * *

人間はどうしても大きな表現(人間にとって表現だと思うもの)にばかり注目しがちだから、彼らの静かな表現を学んだら、見えてくるもの、犬という動物に対する感じ方がガラっと変わってくると思います。

ということで、こちらの講座をお勧めします。
一度満席になったのですが増席されたそうです♪


ぜひぜひ、彼らのことばを一緒に学びませんか?
きっと沢山の気づきがあると思いますよ。



↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 22:45| Comment(0) | セミナー・講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: