2019年07月04日

撫でてと言われた(と思った)から撫でたのに?!

1週間以上ブログをお休みしてしまいました〜。
書かないとあっという間に書けなくなりそうなのでがんばらないと。💪

と言いつつ、今日の記事は下書きしてあったのを少しだけ修正してアップです。^^;

* * * * * *

湿度ダダ上がり(って言葉ある?^^;)の埼玉です。
最近のチニタには沢山の寝床があって、

リビングのソファ、
かつてのルビーの寝床、
窓辺のカドラー、
押し入れの布団の上、
本棚の上、
洋服ダンスの上、
人間のベッド、
寝室のクレートの中、
クローゼットの棚の上、

などで、自由気ままに寝ています。
私がリビングで横になると近づいてきて自分もゴロン!と仰向けに。
190619_01.jpg
ちょうど良い写真がなかったので一番近いと思われるのを持ってきました。^^;

リラックス〜。

お腹を見せるからと言って必ずしも”撫でて”という意味ではないのですが(中にはそういう子もいるけど、そうなる前のお話し)、目の前でゴロンとなられるとついお腹を撫でたくなって、でも実際撫でてみると猫に怒られた!
なんて経験のある方も沢山いらっしゃるかもしれませんね。

猫の勉強をしている方の中には”愛撫誘発性攻撃行動”という言葉を聞いたことのある方もいらっしゃるかもしれません。
「ネコにウケる飼い方」(服部幸著)より引用します。

これは、ネコをなでていて、最初はのどを鳴らしてご機嫌にしていたのに、急に飼い主さんの手をかんだり、ネコパンチやネコキックを繰り返す行動を指しています。
 なぜ、ネコはこんなことをしてしまうのでしょうか。
 それは、ネコの体への「なでる場所」「なで方」「なでている時間」にカギがあります。
「ネコにウケる飼い方」(p.118)

この文章に続いて、お腹や脚は触られると反射的に警戒心が怒りやすい場所であること、
そして撫でる時間が長いと、
「もう十分だ(やめて)」というサインを出し始めること、
それでも撫で続けると”ガブッ!”と噛まれるだろうことが書いてあります。

”愛撫誘発性攻撃行動”。・・・攻撃行動”と言っても、”嫌だ”とか”もうやめて”って言っているのですよね。
だから引っ掻かれる(=「嫌だ」の最上級)前に、それよりも小さなサインが出ていることに気づけるようになりたいです。
小さなサインというのは例えば、身体が固くなったり動きがとまったり、耳が寝たり、尻尾を左右に振ったりなど。
このサインをキャッチして今自分がしていること(撫でる)を一旦止めれば、猫(犬)が”ガブっ”とする必要はなくなりますよね。
こうやって、まずは猫って(犬って)どういう動物なのかを知って自分の行動を改めることが、その先にある”どこを触られてもOK”という関係つくりにも役だってくると思います。

なぜこんなことを書いたかというと、私が学んでいる「犬の森というサロンの6/25の記事の中で、犬がお腹を見せる行動についての(更に進んだ?)考察があって面白いなと思ったからなのでした。でもその前に、基本的なこと(犬や猫がそもそもどういう動物なのか)を知らないとね、ということで。

本当は犬や猫たちが嫌になるかもしれなかったこと(脚やお腹を触られること)が、そうじゃなくなる場合があるのはなぜなのか?というか、むしろそういう関係を目指したいよね?ということのヒントがこの森には沢山転がっています。良かったら。
→ 犬の森
(世の中には良くない情報が沢山転がっているので犬飼いさん達が間違った方向に行かないように良い情報につなげるのに必死です。^^;自分の実力をあげる努力も勿論ですけど。)
彼らに好かれる(=信頼される)あり方ができるよう、まだまだ知りたいこと沢山ですね!


↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓


posted by カエデ at 20:32| Comment(0) | 猫も | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。