2019年08月25日

『犬のボディランゲージを読み、人の犬的ボディランゲージを伝える講座』(1)

こんにちは。久しぶりの投稿です。
昨日は『犬のボディランゲージを読み、人の犬的ボディランゲージを伝える講座』(主催:チャーリードッグスクール夏目先生)に参加してきました。

犬のボディランゲージを学びその意味をとらえ(=理解し)、次に自分も彼らの言葉をつかってこちらの意図を伝えられるように。そこまでを学びます。

「どうしてそんなことをわざわざ勉強するの?」と思いますか?

でも犬を迎えたら彼らを幸せにしたいと思うのは当然だし、彼らを可愛がりたいと思うならそう思っていることを犬に伝えたいですよね。
家庭犬にまず必要なことは、自分が暮らしている場所が安心できる場所だと感じること。大前提としてそれが必要だと思います。
だからこそ、
「一緒に仲良く暮らしたいんだ。(戦いたいわけじゃないんだよ)」
を犬に伝えられるようになれたらいいなと思いませんか?

190825_01.jpg

でも犬のボディランゲージを知らないと、私たち人間は彼らが言っていることを間違えて解釈することがとても多いようです。
そんな私たちがやりがちな勘違い(=ボディランゲージの読み間違い)を二つお話ししてみたいと思います。

■”攻撃的”なのではなく怖がっているのかもしれません

私たち人間は犬に吠えられたり噛もうとしたりしている犬を見ると、ついつい攻撃と捉えがちですが、彼らのボディランゲージをよくよく見ると実は怖がっているというのがわかったりします。でも実際にそのような状況下で落ち着いて見るということは難しいので勘違いしやすいですね。だからこうやって何でもない時に学ぶことはとても意味のあることだと感じています。何でもない時に落ち着いて学べば、いざという時に
「あ、このボディランゲージは怖がっているということだな」
ってわかると思います。

「動物が幸せを感じるとき」(テンプル・グランディン)によると、恐怖システムは怒りシステムを活性化するそうです。
そして犬たちのその怒りの表現が人間にとっては攻撃なのですよね。
だからまずは犬が怖がっているということを理解できればその時点でやろうとしていることをやめてあげれば(=恐怖の対象を取り除いたり距離をとる。)良いということがわかります。だから、怖がっているというボディランゲージを知ることは大切なのですね。

190825_02.jpg

犬同士の間では序列をつくる彼らですが、人間との間ではそれはないと言われている犬たち。
犬のボディランゲージを学ぶと、上記のように犬のことを勘違い(怖がっている犬を攻撃的と)したり、犬が人を支配しようとしていると考えたりしなくてすむと思います。
逆に言うと、
犬が人との間に序列を作ると言っている人はボディランゲージを知らない・・・のかもしれません。

だからボディランゲージを学ぶと良いなと思う事のひとつに、私たちの勘違い(ボディランゲージの読み間違い)の中でも最も多いであろう
『支配性理論』に惑わされないですむ、ということが挙げられると思います。

・・・と、長くなりそうなので明日に続きます。

↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 16:15| Comment(0) | セミナー・講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: