2019年10月02日

ヒトも使える”穏やかなイヌのことば”

こんにちは。
こちら埼玉は今日もとっても良いお天気でしたが、九州・四国地方は台風の影響が少し出そうなんでしょうか。みなさま、どうぞお気をつけくださいね。

191002_01.jpg
先日の山中湖「忍野八海」の写真です。池も良かったですが川の方に見惚れました。


こちらの記事で説明している”名前を呼んでおやつ”。
説明の中に、
”猫(犬)がもともと好きなものと、好きでも嫌いでもないものを一緒に与えると、
好きでも嫌いでもないものが好きになる”
と書きました。

よくあるのは、
”「おはよう」と「笑顔(=もともと好きなもの)」で言う” とか、
”「私(飼い主)」が「穏やかな犬語を話す(=もともと好きなもの)」”とかでしょうか。

特に二つめの”穏やかな犬語を話すこと”は、私自身犬を勉強するようになり実践していく中で彼らに(自分が良い存在として)とっても伝わりやすいなと感じていることです。

誰かがプレゼントをくれるといった場合、くれる人によって嬉しさが違ったりするじゃないですか?^^;
だから犬でも同じもの(オヤツなど)でもくれる人によっては警戒したり、逆に喜びが倍増したり、というのがあると思います。

その時、犬語を理解してくれたり優しく礼儀正しい犬語で語りかけてくる人とそうでない人とでは、犬が受け取る印象に差があるんじゃないかなあと感じています。

「犬語をしゃべるなんて難しそうじゃん?!」
って思いますか?

でも結構使えるものがあります。

何度もご紹介しているトゥーリッド・ルーガスさんの「カーミングシグナル」。犬たちの”相手や自分を落ち着かせることば”が紹介されている本ですが、この中で言えば、
「目をそらす(目を細める)」「まばたきをする」「そっぽを向く」「ゆっくりした動き」「弧を描くように近づく」「そばにいないかのように振舞う」「あくびをする」などでしょうか。

特に「まばたきをする」「目をそらす(目を細める)」は、犬とつい目があってしまった時には本当によく使います。

191002_140501.jpg
”目を細める”や”口の周りを舐める”のシグナルを同時に行うルビ子。

散トレにはこういった犬語をしゃべる常連さんが参加されているので、初参加の犬たちもオヤツなどもらわなくてもリラックスできるんじゃないかなと感じています。

そういう私も約10年前は背の低いルビーの隣でバタバタ歩いていたし、ショルダーバッグはバッサバッサ動かすし、リードワークも雑で犬にとってとても無礼な人間でした。でもひとつひとつ、少しずつ改善させていくその”過程”で、どんどんルビーとの関係が良くなっていくのを感じました。
飼主の少しの変化に、犬はきっと気づいてくれると思います。
「ママ、パパ、僕(私)のこと理解しようとしてくれてるみたい」
って。

だから失敗しても大丈夫。
また顔をあげて前を向いて犬との暮らしを続けていきませんか?


========  [「犬とまんまる」よりお知らせ]  =======
お散歩トレーニングはゆるゆるとした社会化のための場所。
犬のことを一緒に学びませんか?お申込みお待ちしています。
===================================


↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 16:39| Comment(0) | お散歩トレーニングって? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: