2019年10月10日

”飼い主さんと犬”で描く円(1)

こんばんは。
台風19号の影響を免れることができなさそうな日本列島です。先日の台風の爪跡がまだ残っているところもありそうなのに・・。出来る備えをしてなんとか乗り切りたいです。みなさんもどうぞお気をつけくださいね。

来週に迫ったさいたまお散歩トレーニング。お天気に恵まれるといいのですが。公園内の水も引いていますように。。。

190404_02.jpg


お散歩トレーニングは、その空間・時間、またそこにあるもの全てが犬にとって良いものになるような、ポジティブな条件づけの場です。

「え?でも犬が吠えたり跳んだり^^;してたらネガティブな経験にならない?」

って思う方がいらっしゃるかもしれません。

いえいえ。
それ以上の”犬にとって嬉しいもの、心躍るもの、落ち着けるもの”を、そこに集ったみんなで与えまくる場所だから大丈夫なんですよね。

実際、散トレ開始直後あっちでワンワン、こっちでワンワン言っていても、2時間一緒に歩くと一つのパック(群れ)としてとても静かに歩けていることに気づく方も多いでしょう。

叱りのない場所なのでみんなリラックスして笑顔やギャグ(死語?^^;)、褒めことばが溢れているし、その中でさらに穏やかな犬語、大丈夫な距離、優しいリード使い、などをそれぞれ目指していただくので、犬の警戒心や防衛心が次第に消えていくのだと思います。
「この中で一人いきり立ってるのもバカバカしくなるよね」
と、犬が感じるような、そんな空間つくりを目指しているので、犬が飼い主さんのそばでボーっとできるような場所になるのでしょう。若い子はもちろんはっちゃけたりもするでしょう。ルビーは最初、喜びのあまり走っていましたよ。

犬は社会性のある動物なので、犬の仲間が必要です。だから、2時間一緒に他の犬と同じ方向を向いて歩くということは、彼らにとって幸せなことなのではないでしょうか。ただ歩いているだけですが、彼らなりの方法でコミュニケーションをとっていますもんね。多頭飼育ではなかったルビーにとっても、散トレは彼女へのプレゼントだと思いながら参加していたのを思い出します。普段のお散歩でも犬に会いますが、散トレのようにパックになって歩くというのは、彼女にとって仲間の中で自分らしさを存分に表現できる場でもあり、特別な場所だったのではないかと思っています。

・・・と、またしても前置きが長くなってしまったので明日に続きます。


========  [「犬とまんまる」よりお知らせ]  =======
お散歩トレーニングはゆるゆるとした社会化のための場所。
犬のことを一緒に学びませんか?お申込みお待ちしています。
===================================


↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 17:51| Comment(0) | お散歩トレーニングって? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: