2019年10月11日

”飼い主さんと犬”で描く円(2)

こんにちは。
台風19号の接近がますます気になりますね。どうかどうか、みんな安全にやり過ごせますように。

さて、昨日の続きです。
社会的な動物である犬に、同族と一緒に過ごす時間を与えることは彼らのQOLを高めることに繋がるだろうというお話しで終わったのでした。

確かに、犬には犬の友達が必要です。でも何かの時には飼い主を頼ってほしいですよね。
イヌとヒトが共に歩んできた長い歴史が、私たちに似通った認知能力をも与えたということを知ると、私たちが互いを意識しながら一緒に暮らしていることはとても自然なことだと思えます。だから、ぜひぜひ何かの時には、犬を混沌から救い上げられる自分作りを一緒に目指しませんか。

191011_01.jpg

自分の犬が吠えた時(または仲間の犬が吠えた時)、散トレでは、”吠える必要のない距離”をとって歩くようにします。すると、吠えやすい犬を連れた方はみんなと離れて歩く形になるので、もしかすると一人(と一匹)で歩いているような気持ちになる方もいるかもしれません。
でも一人じゃないですよ。参加者の方の共通認識としてそれはあるし、また、どんなに離れていても犬たちはボディランゲージや匂いなどで、仲間であることを意識しているはずです。(それが見えるようになった時、きっと感激すると思います。)だから大丈夫です。

散トレは、”飼い主さんと犬”というそれぞれのペアのためのもの。
それぞれのペアがそれぞれのお散歩を楽しむ、ということをみんなで共有する時間&場所です。

もう5,6年も前にルビーと私が参加していた散トレで夏目先生が言っていた言葉をお借りすると、
大きな円の中にそれぞれの小さな円がある状態・・・ つまり、 飼い主さんの近くに常に犬がうろうろしている状態は、まるで犬が飼い主さんを中心に円を描いている様に見え、 そんな小さな円の集まりが公園内で大きな円を描いている状態が理想
だと。

この秋、犬と共に数々の美しい円を公園内に描きませんか?
”円”何て無理!”多角形”になっちゃう!という方でも大丈夫ですよ。
新しい一歩を踏み出す勇気と、そして継続して学び参加してくださる熱心さに支えられてお散歩トレーニングは成り立っていきます。一緒に歩いてくださる方に、感謝の気持ちでいっぱいです


========  [「犬とまんまる」よりお知らせ]  =======
お散歩トレーニングはゆるゆるとした社会化のための場所。
犬のことを一緒に学びませんか?お申込みお待ちしています。
===================================


↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 14:32| Comment(0) | お散歩トレーニングって? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: