2019年11月04日

『産業動物の福祉セミナー』に参加しました♪

土曜、日曜と「公益社団法人日本動物福祉協会」主催の『産業動物の福祉セミナー』に参加してきました。
イギリスRSPCA(王立虐待防止協会)の職員の方2名(ポール・リトルフェアー氏、フィル・ウィルソン氏)からは、イギリスの産業動物の福祉の現状とこれからの展望を、そして日本からは一般社団法人アニマルウェルフェア協会の瀬尾先生、米国獣医行動学専門医の入交先生から、日本の産業動物の福祉の現状や研究結果についてお話を伺いました。(「動物福祉」は"Animal Welfare(アニマルウェルフェア)"の日本語訳です。


2020年の東京オリンピックの開催に向け、主には国外から日本の家畜の福祉について関心が寄せられているようです。
”動物の福祉”と言っても日本では、「5つの自由」を知ってはいても、その内容について突き詰めて考えたり、動物たちに対してどのようにすることが彼らの福祉を守ることになるのか、などの具体的な内容を学ぶ機会は少ないのではないでしょうか。

ただ、例えばひと昔前には”動物には感情がない”と言われていたけれど、今は”動物にも感情があることが科学的にわかっている”など、動物たちの姿を科学が明らかにしつづけている今、自分たちの考え方やふるまいを
「知ったからには変えねばならない」
と感じる機会は一生の中で何度も訪れるであろうことが簡単に予想できます。
感情や感覚のある動物を、
「どうぜ肉になるんだから生きている間のことはどうでもいい・・・のか?
というような。

191104_01.jpg

イギリスの消費者の産業動物の福祉に対する関心は非常に高く、日本との差に頭がクラクラしそうになりましたが、その消費者の声が動物の福祉を守るための法律を作り上げてきた、ということなのだと思います。
となれば、やはり私も日本の一消費者として声をあげなければねと思うのですよね。

RSPCAの方の見解では将来「魚の福祉」について考えることが避けられない日が来るだろうということでした。確かに近年では魚の情動や知覚についての新たな研究結果も出てきているようです。
そういったお話しを聞くと
「自分が口にする”肉”となる動物たちが、生きている時にどのくらい精神的・肉体的にしあわせ(とあえて書きますが)であったか」
を気にする流れは今はまだ小さな雫に過ぎないかもしれないけれども、そのうち必ず本流になって、私たちもそれを無視することはできなくなる日が来るのでしょう。

動物の福祉の問題を考える時、必ず自分の生き方を問われているような気持になるのは、きっと自分を含めた命との向き合い方を問われている気持ちになるからなのでしょうね。
イギリスと日本の違いに愕然としながらも、日本国内での取り組みや研究が始まっていることも知ることができ、希望も持てたセミナーでした。変えていくのは私たち自身(消費者一人ひとり)なのだろうと身をもって感じた、本当に充実した二日間でした。

※「伴侶動物の福祉」についてもおもいを馳せた2日間でしたが、そのお話しはまた別の機会に☆


==========  [「犬とまんまる」よりお知らせ]  =========
お散歩トレーニングはゆるゆるとした社会化のための場所。
犬のことを一緒に学びませんか?お申込みお待ちしています。

=======================================

↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 15:39| Comment(0) | セミナー・講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: