2019年11月08日

つくばお散歩トレーニング終了しました♪

こんにちは。
今日も気持ちの良い秋晴れです。明日は地元の公園で秋祭りが開催されるようです。夕方のキャンプファイアー見たかったけど、用事があって見られないのが残念。(´;ω;`)

* * * * *

昨日は「つくばお散歩トレーニング」でした。
10月の「さいたまお散歩トレーニング」がことごとく中止になってしまったため、「犬とまんまる」この秋最初の散トレでした。
これまでのお天気の悪さが嘘のような、美しい秋晴れでしたね。お天気もみんなの再会を祝ってくれているようで嬉しかったです♪

191108_01.jpg

昨日は、3mリードの使い方をお話しさせていただきました。
お散歩トレーニングでは3mリードを推奨しています。
犬たちが頭を下げて歩いたり、嗅ぎたい匂いを嗅げたり、ボディランゲージで犬同士会話ができたりと、犬が犬らしくいられることで安心し楽しめ、そして満たされるお散歩を提供したいので、そのためには3mリードがちょうど扱いやすい長さだと感じます。

リードの張り(テンション)は、犬たちの警戒心を煽ったり、身体のバランスを崩したりするので、常にテンションが掛かったままだったり、リードを強く引っ張ったりせずに済むような優しいリード使いを目指します。

”叱らない”方針のお散歩トレーニングなので、参加者のみなさんには常にそれをお願いしていますが、こちらが叱っていないつもりでも、犬が”リードで叱られている”と感じるようなリードワークをしている可能性があります。それを改善させるねらいもあります。

また、”犬が叱られてる”という感覚にならないように、ということと同時に、近づいてほしくないものに近づきそうな時は止める必要があるので、その時はリードで引っ張り返さないように”止める(引っ張り返さないけれど絶対に行かせない)”、止め方の丁寧さも求められます。

191108_02.jpg
ジャムラ母さんとララちゃんのデモ♪
オヤツをあげる時は、犬のマズルはした向きで♪

また、いくらリードがゆるんでいても、地面につくほど緩んでいて、足に絡まって危険だったり、もしくは地面に垂れ下がったリードの重さでハーネスが片側に傾いていたら体にも影響がありますので、緩め方も丁寧に行いたいです。(リードを”犬が引っ張られていると感じない程度に”緩めるので、端から見ていると緩んでいないように見える場合もあるかもしれません。)そんなリードワークをするためには、両方の手、そして自分自身が動く必要があるので、ハンドラーはボーっとしていられず結構忙しかったりするのですよね。

例え首輪でなくハーネスを使っていても、リード使いが乱暴だと犬の身体を傷めたり、警戒心を煽ったりしますので、丁寧にリードを使うって大切です。

昨日もお話ししましたが、散トレに集まってくださる方は
「犬が嬉しそうにしていたら自分も嬉しい」
と感じる方が多いのではないでしょうか。
だからこそ、リードワークや「名前を呼んでおやつ」の話に耳を傾け、何がどうなって犬が心地よいのか?ということに興味を持ってくださっているのだと思います。だからこその、あの暖かい空気なのでしょうね。

191108_03.jpg

最初は”犬周りの困った問題”を解決したくて踏み入れたこの犬の学びの世界。
でもいつの間にか自分を困らせて(いると感じて)いた犬のことが愛しい存在になり、そしてその犬が喜ぶことは自分も嬉しい、そんな風に変化するのはなぜだろう?と、ふと不思議な温かさと切なさに包まれる瞬間があります。
犬も私たちと”動物”で、つまり一つの命。その命の問題と向き合う時、その命が抱える問題を解決しようとすると自分の中の同じようなものに触れる必要があり、それが自分自身を変えるのかもしれません。
困った問題の表面的なことを変えるのではなく、その中身を一緒に学び続けるお仲間さんと一緒に歩くことのできるこの場所は、私にとっても宝物。そう感じたお散歩トレーニングでした。
幹事のジャムラ母さん、そしてご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!

==========  [「犬とまんまる」よりお知らせ]  =========
お散歩トレーニングはゆるゆるとした社会化のための場所。
犬のことを一緒に学びませんか?お申込みお待ちしています。

=======================================

↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 14:53| Comment(0) | お散歩トレーニング(開催) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: